署名認証とは何ですか?

前のページ
署名認証は、送信されたリクエストが誰によって送られたものかを確認するためのプロセスです。以下は、署名認証のプロセスの簡単な説明となります。

署名認証の一般的なプロセス

1 リクエストの送信者が必要な資格情報を取得します。
2 送信者が受信先に対し、資格情報を含めたリクエストを送信します。
3 リクエストの受信先が、リクエストが実際に送信者によって送信されたかを、資格情報を利用して確認します。
4 もし結果が正であった場合、受信先はリクエストを処理します。もし結果が否であった場合は、受信先はリクエストを処理せず、必要に応じて返信を行います。

認証のプロセスにおいて、Product Advertising APIは、リクエスト送信者の本人認識情報を確認します。

署名認証に関するより詳細な情報については、

TechEncyclopedia.comのauthenticationの項目
または
電子署名・電子認証(総務省ホームページ)
をご覧ください。

署名認証に関連する用語の説明に関しては、

RSA Laboratories Glossary
または
セキュリティ用語集(HP)
などをご参照ください。

本文書の今後のセクションでは、Product Advertising APIがお客様のデータを保護するために、どのように署名認証を行っているかをご説明しています。


次のページ

ご意見をお寄せください。

アソシエイト・セントラルについてのご提案やご意見は こちら