Amazon.co.jp Product Advertising API ライセンス契約


本Amazon.co.jp Product Advertising APIライセンス契約(以下「本ライセンス」といいます。)は、本プログラムに関連して乙が行うProduct Advertising API、Data Feedおよび商品関連コンテンツ(以下に定義します。)へのアクセスおよび利用に適用されます。

運営規約への同意または甲が提供する、一般には非公開としており、本商品に関する一定の種類のデータ、画像、テキストおよびその他の情報(以下「商品関連コンテンツ」といいます。)にアクセスし、利用することができるアプリケーションプログラミングインターフェースその他のツール(以下総称して「Product Advertising API」といいます。)へのアクセスもしくは使用により、乙は、本ライセンスを遵守することに同意するものとします。

  1. 限定的ライセンス
  2. 運営規約(本ライセンスその他の運営文書を含みます。)の条件にしたがい、本プログラムに関連してアマゾン・サイトの商品を宣伝し、エンドユーザをアマゾン・サイトに誘導するという限定的な目的に限り、甲は、乙に対して、(a) 商品関連コンテンツを、乙のサイト上でのみ複製および表示し、(b) 商標ガイドラインに従い、乙のサイト上でのみ、商品関連コンテンツの一部として甲が乙に対して提供するアマゾン商標に限り使用し、(c) 本ライセンスおよび使用書類を遵守してProduct Advertising API、データフィードおよび商品関連コンテンツにアクセスし、利用することのできる限定的、取消可能、譲渡不可、サブライセンス不可、非独占的、無償のライセンスを付与します。

    Product Advertising APIまたはデータフィードを利用することにより、乙は、1つまたは複数のAmazonの関連サイトで提供されている商品に関するデータ、画像、テキストその他の情報およびコンテンツにアクセスすることができます。乙がこれらのデータ、画像、テキストその他の情報およびコンテンツにアクセスまたは利用するためにProduct Advertising APIまたはデータフィードを利用する場合、乙は、これらの関連サイトから商品関連コンテンツを取得するProduct Advertising APIまたはデータフィード(同等のサービスを含みます。)に適用されるライセンス契約の規定を遵守し、その適用を受けることに同意するものとします。

    本ライセンスは、乙が本ライセンスもしくは運営文書に定める義務を適時に遵守しない場合または運営規約が終了した場合、それと同時に、直ちに自動的に終了します。さらに、甲は、乙に対して書面にて通知することにより、本ライセンスの全部または一部を終了させることができます。本ライセンスが終了した場合または甲が随時要請する場合、乙は、終了したライセンスまたは甲の要請の対象となったProduct Advertising API、データフィードまたは商品関連コンテンツの使用を直ちに停止し、乙のサイトからそれらを直ちに除去、削除その他破棄するものとします。

  3. Product Advertising APIについて
  4. 本ライセンスに基づき、甲は、以下を含む商品関連コンテンツを提供します。

    • データ、画像、音声、映像、ロゴ、ユーザインターフェースデザインおよびその他のクリエイティブデザイン
    • テキスト形式の素材(たとえば、テキスト形式の商品情報)

    商品関連コンテンツに加え、甲は随時、Product Advertising APIに関連して、サンプルソースコードおよびライブラリを提供することがあります。サンプルソースコードおよびライブラリはそれぞれ、各サンプルソースコードまたはライブラリに付随する別個のライセンスに基づき乙に提供されます。Product Advertising APIに関連して、甲は、形式を問わず、運営上および機能上の性能、利用制限、技術上およびエンジニアリング上の必要条件ならびにProduct Advertising APIの適切な利用に関連するテストおよび性能基準を記載した仕様書、ユーザマニュアル、ガイド、サポート資料その他の情報(以下「仕様書類」と総称します。)を提供することがあります。本ライセンスにおいて、本ライセンスと別個のライセンスに基づき乙に提供されるサンプルソースコードまたはライブラリおよび仕様書類は、「商品関連コンテンツ」には含まれません。また、アマゾン・サイト以外のサイトで提供されたいかなるデータ、画像、テキストその他の情報またはコンテンツも、「商品関連コンテンツ」には含まれません。

  5. 商品関連コンテンツの取得
  6. 乙は、Product Advertising APIにリクエスト送信を行うことにより、商品関連コンテンツを取得することができます。甲の事前の書面による明示的な承認を得ることにより、乙は、甲がファイル転送プロトコルで提供するデータフィード(以下「データフィード」といいます。)を通じて、商品関連コンテンツを取得することもできます。データフィードを通じての商品関連コンテンツへのアクセスに対する甲の承認を要請するには、こちらのリンクから甲にご連絡ください(たたし、承認を保証するものではありません。)。乙がデータフィードを通じて商品関連コンテンツを取得した場合、乙によるデータフィードへのアクセスおよび使用にも本ライセンスが適用されます。乙は、甲がいつでも、随時、Product Advertising APIもしくはデータフィードまたはProduct Advertising APIもしくはデータフィードの仕様を変更、廃止または再発行することができることを確認し、また、乙の責任で、乙によるProduct Advertising APIまたはデータフィードへのアクセスおよび使用が、その時点で最新の要件(本ライセンスおよび一切の運営文書を含みます。)に対応していることを確認することに同意します。

    乙は、乙のアカウントの識別およびProduct Advertising APIにリクエスト送信をするために、固有の公開キー/秘密キー(以下、各キー・ペアを「アカウント識別子」といいます。)およびアソシエイト・タグ・パラメータ(Amazonアソシエイト・プログラムに基づき乙に対して発行される「アソシエイトID」または関連する「アソシエイト・プログラムトラッキングID」のいずれかとなります。)の両方を使用しなければなりません。乙は、Product Advertising APIのアカウント作成プロセスを通じてアカウント識別子を取得することができます。データフィードを通じて商品関連コンテンツを取得する場合、乙は、データフィードにアクセスするために、固有のユーザ名/パスワードの組み合わせ(以下「データフィードアクセスID」といいます。)を使用しなければなりません。乙は、甲の承認を得て、データフィードアクセスIDを取得しなければなりません。甲は、乙のアカウント識別子またはデータフィードアクセスIDを随時変更することがあります。秘密キーであるアカウント識別子またはパスワードであるデータフィードアクセスIDは、乙自身の利用のためものであり、乙は、これらの秘密およびセキュリティを維持しなければなりません。乙は、乙の秘密キーまたはパスワードを、他の個人または事業体に販売、譲渡、サブライセンスまたは開示してはなりません。公開キーであるアカウント識別子またはユーザ名であるデータフィードアクセスIDは、秘密ではありません。

    乙は、乙のアカウント識別子およびデータフィードアクセスIDのもとで行われる全ての活動について、これらの活動が乙または他の個人もしくは事業体によりなされたものであるかを問わず、全面的に責任を負います。したがって、乙は、乙以外の者が乙の秘密キーもしくはパスワードを使用している可能性があると考える場合または乙の秘密キーもしくはパスワードが開示、紛失もしくは盗まれた場合、直ちに甲に連絡しなければなりません。乙は、乙以外の者に割り当てられたまたは甲が乙に割り当てたものではないアソシエイト・タグ・パラメータ、アカウント識別子またはデータフィードアクセスIDを使用してはなりません。

  7. 利用要件
  8. Product Advertising APIにリクエスト送信を行う、データフィードにアクセスするまたは商品関連コンテンツを使用することにより、乙は、下記の要件を遵守することに同意します。

    (a) 本ライセンスおよび運営規約第11条に従い商品関連コンテンツの一部として提供されるものを使用する場合を除き、乙は、甲または甲の関連会社の商標またはロゴを使用しないものとします。

    (b) 乙は、(i)合法的な方法で、(ii)本ライセンスの条件に従い、また本ライセンスの条件の明示的な範囲内で、(iii)アマゾン・サイトにエンドユーザを誘導し販売を促進する目的でのみ、商品関連コンテンツを使用するものとします。乙は、アマゾン・サイトの宣伝およびマーケティングならびにアマゾン・サイト上の商品およびサービスの販売促進を主要な目的としないサイトまたはアプリケーションその他において、Product Advertising API、データフィードおよび商品関連コンテンツを使用してはなりません。

    (c) 乙は、全ての仕様書類を含め、本ライセンスその他の運営文書で言及されている全てのページ、別紙、ポリシー、ガイドラインその他の文書および資料を遵守するものとします。

    (d) 乙は、商品関連コンテンツを使用する際は毎回、アマゾン・サイトの関連ページ(例えば、関連の商品の詳細ページまたは特定の商品関連コンテンツが最も直接的に関連するその他のページ)にのみリンクさせるものとし、アマゾン・サイト以外のサイトのいかなるページにも、商品関連コンテンツをリンクさせまたは商品関連コンテンツに関連したトラフィックを誘導しないものとします(ただし、乙のサイトで商品関連コンテンツに密接に関連していない部分は、アマゾン・サイト以外のサイトへのリンクを含んでもよいものとします。)。

    (e) 乙は、甲の事前の書面による同意なしに、携帯電話その他携帯端末またはいかなるセットトップボックス(例えば、地上・BS・CATV受信用ボックス、デジタルビデオレコーダー、ストリーミングビデオプレイヤー、ブルーレイプレイヤー、DVDプレイヤー等)もしくはインターネットテレビ(例えば、Google TV、ソニーBravia、パナソニックViera Cast、Vizioインターネットアプリケーション等)での使用を目的としたもしくは意図したサイトもしくはアプリケーション上でまたはこれらに関連して、商品関連コンテンツを使用することはできません(ただし、携帯端末に関する本項の禁止は、タブレット端末上のインターネット・ブラウザを経由してアクセスされる携帯端末用に最適化されていないサイト等の、携帯端末での使用向けに設計または意図されたものではないが、これらの端末によってアクセスすることができるサイトおよびAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に定義される承認モバイル・アプリには適用されません。)。

    (f) 乙は、いかなる方法でも、商品関連コンテンツに追加、削除またはその他変更(追加情報を加えることを含みます。)してはなりません(例えば、乙はカスタマーレビューに文言を挿入することはできません。)。ただし、乙は、(i) 当初の比率を維持する形で、グラフィック画像で構成される商品関連コンテンツのサイズを変更すること、(ii) テキストの意味を実質的に変更する、事実と相違させる、誤解を招くまたは法令もしくは業界ガイドラインと矛盾させることがないような形で、テキストで構成された商品関連コンテンツを短縮することができます。

    (g) 乙は、アマゾン・サイトに表示されなくなった、または、甲が乙による利用が不可能となった旨を通知した商品関連コンテンツを速やかに乙のサイトから削除し、消去その他の方法で破棄するものとします。

    (h) 乙は、スパイウェア、マルウェア、ウィルス、ワーム、トロイの木馬またはその他の悪意あるもしくは有害なコード、または、ユーザの事前の明確かつ意図的な承諾なく、ユーザのコンピューターその他の電子機器にダウンロードもしくはインストールされるソフトウェアアプリケーションに関連して、商品関連コンテンツを乙のサイトに含めたり、表示または使用しないものとします。

    (i) 乙は、甲の事前の書面による明示的な同意なしに、商品関連コンテンツを統合、分析、抽出もしくは再利用する目的でまたはアマゾン・サイト上で販売をしている個人もしくは事業体による利用を意図したソフトウェアその他のアプリケーションに関連して、Product Advertising APIまたはデータフィードにアクセスまたは使用してはいけません。

    (j) 乙は以下のことをしてはいけません。

    1. 方法を問わず、Product Advertising APIの機能または適切な作動を妨害することまたは妨害を試みること。
    2. ダイレクトマーケティング、スパミング、販売者または顧客が希望しない連絡その他の宣伝活動を行う目的で、商品関連コンテンツをコンパイルまたは利用すること。
    3. Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツまたは仕様書類に表示または含まれる知的財産権または財産権の表示を含む一切の表示を、削除、隠蔽、変更または見えなくしたり、読めなくしたり、判読不可能にすること。

    (k) 乙は、本ライセンスまたは乙によるProduct Advertising API、データフィードもしくは商品関連コンテンツの使用に関して、いかなるプレスリリースを発行その他いかなる一般への公表も行ってはなりません。乙は、甲と乙の関係を誤って表示または誇張(甲がいかなる慈善事業またはその他の活動を後援、出資、指示または寄付をしていることを明示または暗示することを含みます。)してはならず、また、本ライセンスにより明示的に許可された場合を除き、甲と乙またはその他の個人もしくは事業体との関係または提携について、明示または暗示してはならないものとします。

    (l) 乙は、以下のことをするまたはしようとしてはいけません。

    1. 仕様書類または商品関連コンテンツに含まれるソフトウェアの修正、変更、改ざん、修復その他二次的成果物の作成。
    2. Product Advertising API、データフィードまたは商品関連コンテンツに含まれるソフトウェアのソースコードまたはこれらに関連するソースコードを、リバースエンジニアリング、ディスアセンブル、ディコンパイルまたは派生させること。

    (m) 乙は、甲の事前の書面による明示的な同意なしに、(i) 商品関連コンテンツ、または(ii) Product Advertising APIもしくはデータフィードを使用している、または、商品関連コンテンツを組み込むもしくは表示するアプリケーションを、販売、再販売、再配布、サブライセンスまたは譲渡してはいけません。例えば、乙は、他の個人または事業体に商品関連コンテンツのサブライセンスまたはその他の商品関連コンテンツの権利を付与することをお客様に要求するいかなるアプリケーション、プラットフォーム、サイトまたはサービス(ソーシャル・ネットワーキング・サイトを含みます。)上あるいはその中で、商品関連コンテンツを使用してはいけません。乙が、クライアントアプリケーションを販売、再販売、再配布、サブライセンスまたは譲渡をするための甲の同意を得た場合、これらのクライアントアプリケーションは、下記(p)および(n)の最後の文言を含め、本ライセンスを遵守しなければなりません。

    (n) 乙は、画像で構成される商品関連コンテンツを保存またはキャッシュしてはいけませんが、画像で構成される商品関連コンテンツへのリンクについては最長24時間保存することができます。乙は、画像で構成されていない他の商品関連コンテンツを、データキャッシュの目的で、最長24時間保存することができますが、その場合、乙は、その後直ちに Product Advertising APIにリクエスト送信を行いまたは新しいデータフィードを取り込み、乙のサイト上の商品関連コンテンツを刷新することにより、商品関連コンテンツを直ちに刷新し、再表示しなければなりません。別途甲から通知がない限り、乙は、個別のAmazon Standard Identification Number(以下「ASIN」といいます。)を、本ライセンスの終了まで、期間の制限なく保存することができます。前記にかかわらず、乙のサイトがクライアントアプリケーションを含む場合、これらのクライアントアプリケーションは、商品関連コンテンツを保存またはキャッシュしてはいけません。甲が要請した場合、乙は、甲が乙の本ライセンスの遵守状況を確認するため、3営業日以内に、甲に対して、商品関連コンテンツを含むまたは使用するクライアントアプリケーションのコピーを提供するものとします。

    (o) 乙が商品関連コンテンツをデータフィードから取得する場合またはProduct Advertising APIへのリクエスト送信頻度もしくは乙のサイト上に表示される商品関連コンテンツの刷新頻度が1時間に1回以下の場合、乙は、乙のサイト上の価格情報または発送可能時期についての情報に隣接して、時刻/日付の表示を含めるものとします。ただし、アプリケーション上に表示される価格情報および発送可能時期の情報のリクエストおよび刷新と同日中は、表示のうち日付の部分を省略することができます。許容される表示の例は以下のとおりです。

    • Amazon.co.jp 価格: ¥ 3,200 (2008年1月7日 14:11時点 −詳細はこちら−)
    • Amazon.co.jp 価格: ¥ 3,200 (14:11 時点 −詳しくはこちら−)

    また、乙は、下記の免責文言を、価格情報または発送可能時期についての情報に隣接して表示するか、またはハイパーリンク、ポップアップ、スクリプト・ポップアップその他類似の方法で表示しなければなりません。

    • 「価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。」

    乙は、上記の例において、「詳細はこちら」および「詳しくはこちら」をクリックすることにより、エンドユーザが免責文言を確認できるようにすることもできます。

    (p) 乙は、仕様書類に定める(または甲が別途乙に対して通知する)1秒当たりのコール数の制限を超えてはならず、また、甲の事前の書面による承諾なく、Product Advertising APIにまたはProduct Advertising APIから、40Kバイトを超えるファイルを送信してはなりません。乙がProduct Advertising APIにリクエスト送信を行うアプリケーションを作成し公開した場合、上記の制限は、エンドユーザがインストールした当該アプリケーションの各コピーにも適用されます。

    (q) 乙が乙のサイト上でテキストで構成される商品関連コンテンツを表示する場合、乙は、のエンドユーザにはっきりと見えるところに、以下の免責文言を表示するものとします。

    • 「[「本アプリケーション内」/「本サイト上」]で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。」

    乙は、乙が本ライセンスを遵守していることを確認するために甲が要求するいかなる情報も甲に提供することに同意します。

    (既存のアカウントかすでに解除されたアカウントに関する場合かを問わず)乙または甲が乙と関係があるもしくは乙と共同で行為していると判断する第三者が、以下のいずれかに該当すると甲が判断した場合、甲が行使することのできるその他の権利および救済に加えて、甲は、本ライセンスを解除することができます。

    • 本ライセンスもしくは仕様書類または運営文書に定める要件または制限を遵守していない場合その他本ライセンスに違反した場合。
    • 乙による甲の関連会社が提供するProduct Advertising APIへのアクセスおよび利用に適用されるライセンス契約の要件または制限を遵守していない場合その他これらに違反した場合。
    • 甲または甲の関連会社が提供するアソシエイト・プログラムへの参加に適用される契約の要件または制限を遵守していない場合その他これらに違反した場合。

    さらに、乙は、甲が以下を行うことを承諾します。

    • 乙に随時、本ライセンスに関係する電子メールを送信すること。
    • Amazon.co.jpプライバシー規約に従い、乙による商品関連コンテンツの使用に関連して甲が取得する乙のサイトおよび乙のサイトのユーザに関する情報(例えば、特定のアマゾンの顧客が、アマゾン・サイトでの商品購入の前に乙のサイトからのリンクをクリックスルーしたこと等)をモニターし、記録し、使用し、開示すること。
    • 本ライセンスの遵守を確認するため、乙のサイトをモニター、クロールまたはその他の調査を行うこと。

  9. 権利留保
  10. 本ライセンスおよび運営規約第11条において明示的に定める制限されたライセンスを除いて、甲は、Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツ、甲または甲の関連会社が所有または運営するドメイン名、運営文書、アマゾン・サイト上の情報およびマテリアル、甲および甲の関連会社の商標およびロゴ(アマゾン商標を含みます。)ならびに Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツに関連して甲が提供または使用するその他の知的財産およびテクノロジー(アプリケーションプログラミングインターフェース、ソフトウェア開発キット、ライブラリ、サンプルコードおよび関連するマテリアルを含みます。)に関連するすべての権利、権原および利益(全ての知的財産権および財産権を含みます。)を留保するものとし、乙は、本ライセンスに基づきこれら利益または権利を取得するものではありません。

ご意見をお寄せください。

アソシエイト・セントラルについてのご提案やご意見は こちら