地域: Jp flag. v192207005 日本

アソシエイト・HOW TO ガイド

プラグインを使用してWordPressで比較表を作成しましょう

商品比較表はアフィリエイトサイトをより完璧なものにします。ここでは、無料版WordPress プラグインを使用して表を素早く、簡単に作成する方法を紹介します。

比較表はアフィリエイト広告主によって商品の比較に使用されます。モバイル端末のスクリーンのように小さい画面では正しく表示されないという難点はあるのですが サイトオーナーにとっては、利点が、難点を大きく上回ります。比較表は比較的簡単に作成でき、各商品の詳細(テクニカルデータや価格)をまとめることができるため、サイトを重要で価値あるものにします。

ただし、比較表の作成にはいくつかの疑問点が発生します。特に経験の少ないサイトオーナーなどは、どの商品を比較表で比べるかや、どの商品詳細が重要か?などです。 以下の項目では、これらの疑問点にお答えし、無料版WordPress プラグインで比較表を作成する方法をお見せします。

比較表に含めるもの

オンラインショッピングでは、商品説明をよく調べないと商品の詳細がわかりづらい場合があります。訪問者は商品の重要点についてよくわかっていません。また購入する際に商品のどのような点を重視するべきなのかわからない場合があります。サイトオーナーにとって、単なる商品のレビューやまだ試されていない商品との比較であっても、比較表は商品を市場にある他の商品と比べる素晴らしいツールとなります。

お客様が商品の詳細な情報を指先でアクセスできれば、購入の選択はより簡単になります。比較表に商品情報を多く含めれば含めるほどコンバージョン率はより良くなります。

ただし、比較表を作成する際は、重要な情報だけを載せることが大切です。関連性の低い情報を載せると明確さが失われますので、載せないようにしましょう。また、情報が多すぎても、訪問者が購入を再検討する原因となり、コンバージョン率に影響を与えることになります。

ですから、最も重要で関連性のある情報だけを載せるようにしましょう。もちろん、これらは商品によって異なりますが、比較表には下記のような二つの項目を必ず表示しましょう。

1.画像
お客様にとって、商品の画像は重要です。
2.現在価格
価格は購入の選択に大きな影響を与えます。お客様は価格をクリックすることでAmazon.comに直接アクセスすることができます。商品が購入されると、宣伝費を得ることができます。
比較表についての仕組みはさて置き、まずは作成を開始しましょう。 まずは簡単な例で二つの商品を使用して比較表をどのように作成するかをお見せします。WordPressバックエンド経由で直接ダウンロードできる二つの無料版プラグインを使用して、比較表を作成します。
1.TablePress プラグイン: https://tablepress.org
2.公式Amazon WordPress プラグイン、Amazon Link Builder プラグイン

TablePressで表を作成

はプログラミングのスキルがなくともWordPressで簡単に表の作成できるプラグインです。サイトの経験が少ない方、またない方に最適です。プラグインで表を作成したら、コピーしたり、編集したりができます。サイトに様々な商品との比較表を載せたい時に便利です。Amazon Link Builder プラグインは商品の現在価格を比較表を出力するために使用できます。
上の画像の通り、例の表には商品の詳細として5行あります。各商品に対してそれぞれ 1 行ずつ(合計 3 行)必要です。TablePressプラグインをインストールして、有効化したらWordPressメニューに「TablePress」が表示されます。「新規表」をクリックして、表に名前を付けます。詳細はオプションです。「列の数」は 5 を選択。「行の数」には 3 を選びます。「表を追加」をクリックします。

その後新規表の「編集モード」に切り替わります。「表のコンテンツ」の項目で、今までに決めた行と列が表示され、詳細を追加することができます。これらのボックスは拡大して見やすくすることができます。
画像の追加
始めの行のセルに、後で出力できる画像を追加することができます。私たちは比較するSDカードの画像を使用しました。画像のサイズは100×140 ピクセル、WordPressメディアライブラリーにあらかじめアップロードされます。

次のHTMLコードを使用して画像を埋め込みます。

<img src=”URL-YOUR-IMAGE“>

画像のURLがわからない時は、WordPressメディアライブラリーにアクセスして、使用する画像を選択します。「URL」ボックスの右上にURLが表示されます。画像のコードを入力したら、他のセルにも情報を追加していきます。この例では名前、メモリーのロケーションそして各商品の書き換え速度です。表はこのようなイメージになります。
Amazon Link Builder プラグインで現在の価格を追加する
ここでAmazon Link Builder プラグインが活用されます。このプラグインで商品の最新の価格が表に追加できます。これはショートコードを使用して行います。この方法でWordPress エディターで、プラグインを使用して素早く簡単に作成することができます。新しいタブで新しい投稿を開く。

プラグインをインストールして有効化したら、WordPressエディターのツールバーの上に検索ボックスが表示されます。WordPressエディターから商品名やASIN (Amazon Standard Identification Number)で商品をAmazonで直接検索することができます。検索フィールドに入力して「検索」をクリック。
ウィンドウが開いて、検索結果が表示されます。商品名を探している場合、検索結果は数多く表示されます。ASINで検索する場合は結果は一つだけが表示されます。商品を選択し、「テンプレートの追加」のドロップダウンメニューから「PriceLink」テンプレートを選択します。そして「ショートコードを追加」をクリック。
新規WordPressエディターにショートコードが追加されます。このショートコードを選択し、コピーします。
後で出力したい商品の現在の価格を表のセルに挿入します表の両方の商品に対し同じようにします。訪問者に表示内容がわかるように最後の行の始めのセルに「価格」と入力します。これらの手順を正しく追えば、表は以下のようになります。
表を保存する前に、DataTablesの使用をオフにします。これをするには、DataTablesの機能 JavaScript ライブラリーの「Use DataTables」チェックボックスを選択します。「変更を保存」をクリックしたら新しい表を保存できます。これで新しい比較表の完成です。

表のTablePressショートコードを使うことでサイトのページに表を埋め込むことができます。表の編集モードではこれは画面の少し上の部分に表示されます。このショートコードをコピーして、表が出力される投稿やページに入れましょう。サイトの様々な場所で表は何度も出力することができます。

最後に:TablePressで作成された表はいつも自動でレスポンス良く表示されるわけではありません。デバイスによってサイズが自動で変わったりはしません。結果、小さい画面だと、画面上の問題が発生する場合があります。

無料版の拡張機能である「Responsive Tables」がこの問題を解決します。無料でこちらからダウンロードできます。拡張子は必ずしもというわけではないのですが、モバイルデバイスでのインターネットの使用が増えるかぎりお勧めいたします。チュートリアルはどうでしたか?これで仕組みがお分かりになったと思います。たくさんの商品で表の作成が可能になりますね。
シェアする

ご意見をお寄せください。

アソシエイト・セントラルについてのご提案やご意見は こちら