言語: 日本語 - JP
詳細 ›
地域: Jp flag. v192207005 日本

アソシエイト・HOW TO ガイド

独自の画像を作るための秘訣

画像が全くないWebサイトはほとんど存在しませんが、それにははっきりとした理由があります。現代のWebサイトでは画像があるのが当然で、画像は第一印象アップに大きな役割を果たすからです。

画像をブログやWebサイトでうまく使うと、多くのプラス効果があります。特にあなたが独自に作った画像は、アフィリエイト・ウェブサイトの収益アップに大いに役立ちます。この記事では、独自の画像を作ることの重要性、良い写真を撮るためのコツ、画像処理で画像をさらに良くするソフトウェアなどを紹介しながら、あなた独自の画像を作り上げる方法について説明します。

画像がとても大切な理由

デザインの要素を抜きにしても、Webサイトに使う画像作成に時間を費やすことが大切である理由が数多くあります。コンテンツにぴったり合う画像を使うことで、訪問者にさらなる付加価値を提供することができます。たとえば、商品を比較・テストする場合に、写真をうまく使うことで読者の興味を商品に引きつけることができます。商品の詳細や特徴を言葉で説明するのが難しいときも、写真ならば一目瞭然です。

また、自分で独自に作った画像をWebサイトやブログで使えば、読者の信頼を得ることもできます。説明にある商品をあなたが所有していて、それを実際に使ってみた感想を書いているのだと読者は察します。独自の画像を使うことで、アフィリエイト・マーケットのライバルに差を付けることができます。それは、残念なことに未だに偽のテストコンテンツを掲載するWebサイトや、どこのオンラインショップでも見られる同じ写真を使いまわしているWebサイトが多いからです。自分で作った画像というのは独自のアドバンテージと見なされ、読者に対する付加価値となります。

コンテンツに合う画像を使うことが読者が購入を決めるきっかけとなり、大幅な収益アップにつながることは確かです。読者の視点で考えてみてください。商品の大事なポイントをすべて把握できたと思ったら、買おうという気持ちが強くなるのではないでしょうか。 一般的に、商品について知るべきことはもう良く分かったという自信が持てると、その商品を買おうと思えるようになります。

最後のポイントは、独自に作り上げた画像は、あなたのWebサイトの全体的な印象を左右するということです。テストする商品の写真を撮るときはいつもリビングルームの素敵なテーブルの上で撮るようにしているなど、いつも同じ背景を使っているのであれば、その印象をキープするために、できる限りあなたのWebサイトで使うすべての商品画像に同じ背景を使うと良いでしょう。

自分のアフィリエイトサイトに合った写真を選ぶ

インターネットにはストック写真があふれています。これらの写真は比較的低価格でライセンス提供を受けることができます。そのような写真はプロの写真家が撮ったものがほとんどで、写真家は写真の著作権で収入を得ています。ストック写真を提供してくれる人のコレクションの利用をおすすめしないのには、いくつかの理由があります。

第一に、すでに挙げた利点のほとんどは(例:読者の信頼を勝ち取りライバルに差をつけることなど)ストック写真を利用しても得られないからです。第二に、多くの場合自分が探し求めているものにぴったりの画像が見つからないことから、画像の選択を妥協せざるを得ない点です。商品画像というものは、ストック写真に取り上げられることがほとんどないため、自分のカメラやスマートフォンで写真を撮るしか選択肢がありません。

それでは、あなたのWebサイトやブログに合った画像とはどんなものでしょうか。 まず始めに、サイト訪問者に役立つ写真でなければなりません。つまり訪問者が知りたがっているまさにそのポイントを伝える写真ということです。読者の視点で考えれば、興味を引くと思われるすべてのポイントをあらゆる角度から捉えた画像を用意することができます。そのような画像から読者は商品のデザイン、品質、特徴などを捉えるようになるため、あらゆる詳細なポイントが購入決定を左右します。

独自の画像を作る

画像を用意するときには、読者にとっての付加価値となる詳細を捉えつつ、画質を考えることが大切です。もちろん、お使いのWebサイト上で、画像が最善のクオリティで表示されるよう配慮してください。最近発売されたスマートフォンであれば、どのようなシーンであっても十分な画質の写真を撮ることができます。写真編集専用のアプリを使えば、ほとんどのスマートフォンで写真を直接編集できるようにもなっています。デジタルカメラも持っていて使い方も良く分かっていれば、 スマートフォンよりも画質の良い写真を撮影することができます。 良い写真を撮るための大切なポイントを、ここにいくつか紹介します。
  • 適度な照明: 照明の具合に配慮してください。太陽光の下では、写真の色は最も自然な色となりますが、直射日光では余計な影が出たり、反射が起きたりします。一般的に直射日光の当たらない明るい部屋が最も理想的です。家庭ではランプなどを活用することで、プロの写真撮影と同じような照明効果を得ることができます。
  • 適切な環境設定: 背景が写真に写ることを忘れないで下さい。生活空間で写真を撮る場合には、部屋を片付けて良い場所を見つけてください。
  • 写真は複数枚撮るようにする: 写真は、対象物に対して同じ角度から必ず複数枚撮るようにしてください。そうすることで後々ベストショットを選ぶことができ、ブレた写真や撮影時には気付かなかった不要な物の写り込みがある写真を使わなくて済みます。
  • フラッシュ撮影は避ける: フラッシュを使うとほぼ写真の写りが不自然になります。フラッシュの代わりに、自然光または人工の光で部屋に十分な光が当たるように環境を整えてください。
  • 読者が見たがっているものだけを撮る: 写真を撮るときは読者の視点で考えるようにしてください。読者は何を見たがっているでしょうか。 インターネット上にすでにある商品画像には写っていない部分はどこでしょうか? それこそが独自の画像を用意してあなたのサイトに付加価値をもたらす良いチャンスです。
  • 適切な角度: 写真撮影時にはパーフェクトな構造と角度を目指してください。後で画像処理を行う際に、複数の写真の中からベストショットを選ぶことはもちろんできますが、最初からベストな構造と角度で撮ることを心がけておけば、後の作業時間を減らすことができます。
  • 真似をして学ぶ: 良く撮れているプロの写真を参考にして、なぜそれが他より優れているのかを学んでください。その後、他とは違う優れた点を自分の写真にも取り入れるようにします。ここに挙げたステップに従えば、高品質な画像をきっと作り上げることできるようになります。最後に仕上げのタッチを加えて終了です。
  • 写真の編集方法

    どのような画像編集を行うかを決めるときは、参考にできる写真が手元にあるのが理想的です。WebサイトやGoogleの画像検索でプロの写真を見つけて自分の写真と見比べると、自分の写真の問題点が見えてくるので、それを編集作業で修正できます。

    たいていの場合において、次のステップがいくつか必要になってきます。

    写真の明るさ、コントラスト、彩度を考えます。多くの人がぶつかる問題は、写真が暗すぎたり、輪郭が鮮明ではないという問題です。手を加えることができる重要なパラメーターには次のものがあります。
    露出
    明るさ
    コントラスト
    彩度
    これらのパラメーターを変えることで、あまり良くない写真も大幅に改善できることがあります。ただし、写真を編集するときには、やり過ぎる傾向があることに注意してください。適切な画像を作り上げる際には、上で述べたように参考にできる写真が手元にあることが重要になってきます。

    写真の中で最も注目される場所はどこかを考えてみてください。最も大切な部分を見せるのに、邪魔になっているものはありませんか? 邪魔なものが写り込んでいる場合は、最も大切な部分が目に入るように、違う写真を選ぶことも必要かもしれません。

    写真の寸法とファイルのサイズはできるだけ小さくなるように心がけてください。掲載する写真の枚数が増えると、Webサイトの見た目は華やかなものになるかもしれませんが、読み込み時間が遅くなる原因にもなります。読み込み時間が長いと読者が敬遠するだけでなく、検索エンジンによる評価にも影響が出ます。画像は画質を犠牲にしない範囲で、なるべくファイルサイズを小さく抑えることが大切です。
    • 露出
    • 明るさ
    • コントラスト
    • 彩度
    これらのパラメーターを変えることで、あまり良くない写真も大幅に改善できることがあります。ただし、写真を編集するときには、やり過ぎる傾向があることに注意してください。適切な画像を作り上げる際には、上で述べたように参考にできる写真が手元にあることが重要になってきます。

    1.写真の中で最も注目される場所はどこかを考えてみてください。 最も大切な部分を見せるのに、邪魔になっているものはありませんか? 邪魔なものが写り込んでいる場合は、最も大切な部分が目に入るように、違う写真を選ぶことも必要かもしれません。

    2.写真の寸法とファイルのサイズはできるだけ小さくなるように心がけてください。 掲載する写真の枚数が増えると、Webサイトの見た目は華やかなものになるかもしれませんが、読み込み時間が遅くなる原因にもなります。読み込み時間が長いと読者が敬遠するだけでなく、検索エンジンによる評価にも影響が出ます。画像は画質を犠牲にしない範囲で、なるべくファイルサイズを小さく抑えることが大切です。

    画像編集ソフト

    Windowsのパソコンをお持ちであれば、無料の写真編集ソフトの「ペイント」を使って編集作業ができます。Mac環境であれば、OS Xの「プレビュー」でかなり広範囲に最も重要な基礎をカバーできます。他の画像編集用のソフト(ほとんどが無料)をここにいくつか紹介しておきます。

    Pixlr

    Pixlr.comは優れた機能を備えた無料のオンラインサービスです。お使いのパソコンにソフトをインストールすることなく、オンライン上で写真の編集ができます。Pixlrの機能は、スマートフォンのアプリAutodesk Pixlrでも利用できます。

    GIMP

    GIMPのソフトもWindowsとMacで無料で使えます(Linux 版もあります)。このソフトは必要以上に機能豊富であるため、ほとんどの作業では、GIMPで画像編集を行うのはやり過ぎ感があります。基礎的な編集以上の作業では、少し慣れるまでのトレーニングが必要です。

    Photoshop

    Photoshopは非常にパワフルなツールで、画像処理プログラムの業界標準となっています。しかし、Photoshopは有料で、使い方を学ぶのにある程度の時間を要します。最新版のPhotoshop CCは、www.adobe.comでレンタルできます。ライセンスについてはさまざまなオプションが用意されています。現在1か月あたりの使用料は$10前後ですが、少し古いバージョンのPhotoshop Elementsのパッケージライセンスであれば、多くのオンラインストアで少し安く入手できます。
    シェアする

    ご意見をお寄せください。

    アソシエイト・セントラルについてのご提案やご意見は こちら