日本語 - JP
詳細 ›
日本

アソシエイト・HOW TO ガイド

毎日チェックすべきWebサイトの指標

コンテンツを作成するアフィリエイト・マーケターであっても、アフィリエイト・マーケティングを活用するコンテンツ・クリエイターであっても、毎日チェックすべきWebサイトの指標というものがあります。訪問者の行動フローや顧客生涯価値などの高度な分析はそれほど頻繁にチェックする必要はないかもしれませんが、以下に挙げる指標は常に見張っておきたい大切なものです。これらの指標に気を配ることで、予期していなかったミスが起こった際の大事な舵取りのタイミングや、好調な宣伝活動をフルに生かすためのチャンスが分かるようになります。

もし、あなたが「指標のことがよくわからない」や「時間がかかる」などを理由に今まで毎日の統計チェックを怠っていたのであれば、ぜひこの記事をお読みください。この記事では、チェックすべき各指標の数値の意味と、これらの指標が大切な理由を取り上げ、その背景知識を得た上で指標のチェックがもっと簡単にできる方法を説明します。
この先を読む前に、分析に必要なツールのインストールと設定が正しく行われているかをここで確認してください。特にWordPressを使ったサイトではGoogleアナリティクスが業界標準となっていますが、JetpackやMonsterInsightsのプラグインもおすすめです。必要に応じて、この記事をブックマークすることをおすすめします。それでは以下の内容をしっかりと頭に入れて、統計学の専門家を目指すことにしましょう。

ユーザー / 訪問者数

意味: トラフィックのことです。 毎日でないにしても、定期的にチェックしているのではないでしょうか。この数字は、ある特定の日に何人の訪問者があなたのWebサイトを訪れたかを表しています。同じ日に同じ人があなたのサイトに複数回訪問した場合はこの数値には表れません。この数値は別々の訪問者をカウントしたものです。

なぜ大切なのか: 新しく投稿した記事の反響はどうですか。 他のインフルエンサーがソーシャルメディアであなたのことを話題にしていませんか。 あなたのコンテンツに別のサイトからリンクが来ていませんか。 ページの読み込みに技術的障害が発生していませんか。 訪問者数は、これらの情報を得るための手がかりとなります。

ページビュー(PV)数

意味: 訪問者数とは対照的に、この数字は各ページが閲覧された回数を表しています。同じ人がある記事を複数回閲覧すると、その回数がすべてページビュー数に表れます。

なぜ大切なのか: ページビュー数をチェックすることで次のようなことが分かるようになります。 訪問者は私のWebサイトにどれほど関心を持っているだろうか。 訪問者は複数のコンテンツを読んでいるだろうか。 (ページビュー数が訪問者数よりはるかに多ければ、そうであると言えます。) 最新の記事の宣伝を十分にしただろうか。 古い記事へのトラフィックが急に増えていないだろうか。 読者は今どんなことに関心を持っているだろうか。

トラフィックソース

意味: トラフィックソース(流入元)は、あなたのサイトに向けてトラフィックを送り込んでいる経路または媒体(オーガニック検索、有料広告、ソーシャルメディアのサイトなど)のリストです。

なぜ大切なのか: これより貴重な指標はないかもしれません。インターネットのユーザーがあなたのWebサイトをどのように見つけているか、知りたいと思っているのではないでしょうか。この指標をチェックすれば、あなたのコンテンツがどこでシェアされているのか、どのように見つけられたのかという有益な情報が得られます。あなたの投稿に共感する読者の好みや性格についても知ることができます。 その読者たちは他のブログも読んでいるのでしょうか。 ソーシャルメディアは使っているでしょうか。 それ以外にも、 この情報によって読者について分かることは何か、彼らが求めるコンテンツを用意するために変えるべきことは何かについて考えることができます。

検索クエリ

意味: これはユーザーが検索エンジン(Google、Bing、Yahooなど)に入力した語句のリストです、ユーザーは、その語句によって検索結果に表示されたあなたのコンテンツを見て、あなたのWebサイトにたどり着いたことになります。

なぜ大切なのか: この情報には2つの意味があります。 1つ目は、あなたが行った検索エンジン最適化(SEO)の努力が有効であるか(意図したとおりに検索結果にあなたのサイトが現れているか、あなたのコンテンツに合う疑問と興味を持つ検索者があなたのサイトにたどりつけているか、など)を確かめる尺度になるということです。2つ目は、読者の間に共通して見られるトピックや語句をはっきりさせることで、読者があなたに求めているであろうコンテンツのアイデアが分かるということです。

登録者数

意味: これは、あなたからのEメールまたは新しい投稿の通知(RSSフィードなど)を受信できるように登録した人の数です。

なぜ大切なのか: 登録者数が多ければ、やる気の源となります。登録者とはあなたのファンであることから、登録者数が増えればあなたの自信も増すでしょう。逆に登録解除が相次いだときにはがっかりさせられますが、新しく取り入れてみたトピック、行動、メッセージなどが読者の共感を得られていないという大事なサインでもあります。

クリック率(CTR)

意味: ここでは特にアフィリエイト・クリックについて説明します。アフィリエイト・クリックとは、あなたのWebサイトにあるアフィリエイトリンクと広告をクリックする訪問者のクリック数、または割合のことです。「CTR」という用語はすでにご存じかもしれませんが、これは少し曖昧なものです。 この数字は、インプレッション数をクリック数で割ったものです(インプレッション数とは、あなたのリンクや広告が表示された回数のことです)。インプレッション数が100回でクリックが5回されたのであれば、CTRは5%となります。

なぜ大切なのか: アフィリエイトである程度まとまった額の収益を得るためには、適切なアフィリエイト・マーケティングが必要です。この指標は、そのマーケティング手法がうまくいっているかどうかを表す有効なサインとなります。思い通りのクリック数が実現できていないのであれば、広告やリンクの場所、その周囲のテキストを考え直すのも良いでしょう。宣伝のやり方も変えたほうがいいかもしれません。

コンバージョン / コンバージョン率

意味: 何をもってコンバージョン(成果や成約)とするか、またコンバージョン率を測定するためにどのような指標を使用するかは、Web制作者の販売の仕組みや活動内容によって異なります。多くの場合、コンバージョンとは、Web上で記入してもらうフォーム(お問合せフォーム、登録フォーム、コンテンツのダウンロードフォームなど)やオンライン販売(直接販売またはアフィリエイトリンクを介した販売)となります。

なぜ大切なのか: Webサイト所有者の中にはこれが最も重要な指標だと考える人もいるほどで、すべてのサイト運営者にとって、かなり重要な数値であることは間違いありません。コンバージョン率が良いということは、訪問者との関係が築けている、サイト上のマーケティングが成功している、あなたが提供しているものに魅力があるということを意味します。逆にコンバージョン率が悪いということは、販売の手法の中でそれらのポイントを強化すべきであるということを意味します。

ボーナス指標: 直帰率

(正確にはこれは週ごとにチェックする指標ですが、上に述べた毎日の統計と深い関わりがあるため、ここで説明することにします。この指標は週に1回か2回チェックするようにしてください。)

意味: 直帰率は、最初のページを見ただけでWebサイトから離れてしまった人の割合です(つまり、訪問者は最初のページだけを閲覧して、それ以上読もうとクリックすることなく「帰ってしまった」ということです)。この指標にはもう少し説明と背景が必要でしょう。 一般的には、訪問者に閲覧を続けてもらうことは良いことですが、最初にたどり着いたページに彼らが必要としていた情報がすべて載っていたという可能性もあります。つまり、直帰したことは必ずしも悪いことではありません。

なぜ大切なのか: 全体的に直帰率が高い場合は、訪問者が望んでいるコンテンツが見つからない、または見つけたコンテンツに満足していないということになるでしょう。タイトルやメタ説明文、あるいはソーシャルメディアの投稿、広告のメッセージを見直して、自分のコンテンツを正確に伝えているかを確認したほうがよいかもしれません。記事自体の内容を改善する必要があれば、もちろんそれは優先的に取り組むべきです。

Web制作者が注目すべきデータは数多くあり、それぞれのデータに重要なインサイトと傾向が秘められています。難しいのは、それぞれの指標をどの程度の頻度で詳しく調べるかということです。毎日チェックすべき指標については、上に挙げたものに注目するようにしてください。
シェアする

ご意見をお寄せください。

アソシエイト・セントラルについてのご提案やご意見は こちら