日本語 - JP
詳細 ›
日本

アソシエイト・HOW TO ガイド

Google Search Consoleの使い方

問題が発生した際に、回答を求めてGoogleに直接連絡をとろうとしたことがある人ならば、それがいかに難しいことで、場合によっては不可能であることをよくご存じでしょう。ウェブサイトの検索順位に関する問題を解決しようとするとき、Googleはその手の内をなかなか見せてはくれませんが、その代わりにGoogleはユーザーが自分自身で調査できるようにツールを提供しています。Google Search Consoleもその 1 つです。

Googleが提供するGoogleアナリティクスはウェブサイトのさまざまな情報を把握するのに非常に役立つサービスでしたが、最近になってGoogleはGoogleアナリティクスで保持する情報を変更したため、Googleアナリティクスは以前ほど有益なツールではなくなってしまいました。しかし、こういった問題を解決するために、Google Search Console(旧称:ウェブマスターツール)という無料で使えるツールが用意されています。
この記事で学べること:
  • Google Search Consoleの機能
  • Google Search Consoleをサイトに役立てる方法
  • Google Search Consoleを使うべき理由
  • Google Search Consoleとは

    Google Search Consoleという名称よりも、以前の「Googleウェブマスターツール」という名称のほうがしっくりくる方が多いかもしれません。名称は変更されましたが、機能と情報の有益性に変わりはありません。お使いになっているGoogleアカウントでログインした後、あなたが所有・管理しているサイトをいくつでも追加することができます。

    ウェブサイトにコードを埋め込むことで、あなたがそのウェブサイトの所有者であることを証明します。ウェブサイトの所有者の確認が取れると、その数日後にあなたのウェブサイトについての最初のデータが表示されます。表示されるデータには、興味深い統計データや重要なアイデア、ニュース、分析結果、その他の有益な情報が含まれています。

    問題

    自分のサイトのGoogleの検索順位が下がったり、完全にブロックされたりすると、何が問題なのかがはっきりと分からないために多くのウェブサイト所有者はパニックに陥ります。Search Consoleを使っていると、深刻な問題が発生した場合には Googleから直接情報が提供されます。

    深刻な問題には、たとえば以下のようなものがあります。
  • Googleのロボットがあなたのサイトをクロールできなくなってしまう、クロールに関するエラー
  • ハッカーによってあなたのウェブサイトに持ち込まれた可能性のあるマルウェアに関する問題
  • 疑わしいバックリンクがGoogleによりスパム行為とみなされた場合
  • 深刻な問題が発生した場合、Search Consoleはサイト所有者にとって力強い味方になります。

    構造化データ

    最近のサイトには、特殊なコンテンツを表示するために「構造化データ」が使用されています。構造化データは、Googleの検索結果において特別な解釈をされます。たとえば、レビューに星が使用されており、適切に構造化されている場合には、検索結果に星形のアイコンとして表示されます。これによりウェブサイトが目に留まりやすくなり、プロらしい印象を与えます。

    Schema.orgでは、Google Search Consoleを用いてデータを分析したり、構造化データを作成することができます。検索結果で一部のみが表示されるサイトリンクなどの検索要素も、影響を受けます。また、Search Consoleを使ってHTMLを改善すると、SEO対策の改善につながる有益なアドバイスを受けることができます。

    これにより、メタディスクリプションの重複やタイトルがないなどの問題点がわかります。

    検索

    Googleアナリティクスを使用していたウェブサイト所有者は、自分のサイトを訪れるユーザーがGoogle上でどのようなキーワードで検索して訪問しているのかを確認することができなくなってしまいました。これは、検索キーワードの99%がGoogleアナリティクスに提供されなくなったためです。検索キーワードは、優れたコンテンツを作り出すのに役立つことから、ウェブサイト所有者にとっては非常に重要なものです。

    しかし、Search Consoleを使えば、これらのキーワードに関するデータに再びアクセスできるようになります。ウェブサイト所有者は、自分のサイトを訪れるユーザーが使用する一般的なキーワードを999個まで確認することができます。検索結果のインプレッション数、各ページのクリック数、ページの検索結果における平均順位も確認できます。

    そして、Google Search Consoleでは検索エンジンが検出したバックリンクが表示されます。これらの機能はコンテンツの改善とSEO対策に非常に役立ちます。

    インデックス登録

    ウェブサイトのページのインデックス登録状況についても詳細を把握したいところです。Googleがあなたのウェブサイトを理解するのに役立つサイトマップを登録することができます。ウェブサイト上にGoogleが正しく評価できない問題がある場合、Search Consoleがこれらの問題のアラートを発信します。コンテンツ内で最も頻繁に使用されているキーワードの一覧表示は、特に便利な機能の1つです。

    メリットと監視

    Google Search Consoleは、一見すると複雑そうに思えます。さまざまな統計データとレポートは、あなたがそのデータの意図することが何であるかを理解しようとじっくり取り組んだときに、初めて意味をなします。Google Search Consoleの情報は、ウェブサイトを改善するのに非常に役立ちます。Google Search Consoleはとても有益なリソースとなるため、優れたウェブマスターの皆さんがGoogle Search Consoleを使用しています。
    シェアする

    ご意見をお寄せください。

    アソシエイト・セントラルについてのご提案やご意見は こちら