言語: 日本語 - JP
詳細 ›
地域: Jp flag. v192207005 日本

アソシエイト・HOW TO ガイド

バックリンクを改善するためのガイド

優れたコンテンツと最適化されたWebサイトに加えて、強力なバックリンクを構築することは、あなたのアフィリエイトマーケティングサイトの検索順位を上げて、成功を収める上で重要な鍵となります。ここでは、あなたのサイトを検索ユーザーに見つけやすいものにし、Googleが評価対象とする質の良いバックリンクを作成する方法をご紹介します。
ここでは以下について説明します。
  • バックリンクとは何か、Webサイトにとってバックリンクが大切な理由は何か
  • 質の高いバックリンクの見分け方
  • バックリンクを設置する際に活用できる戦略
  • アフィリエイトマーケティングを目的としたブログやWebサイトを成功させる上で、Googleの検索結果で上位表示されるようにすることは必要不可欠です。したがって、高品質なコンテンツを作成し、オンページSEO対策を行ってサイトを最適化するだけでなく、オフページSEO対策を実施する必要があります。これには「リンクビルディング」が必要です。自分のWebサイトに別のサイトのリンクを設置することでサイトの幅が広がり、Googleの検索順位を上げることにつながります。

    この記事では以下について学びます。
  • バックリンクとは何か
  • バックリンクを獲得することが、Webサイトを成功させる上で重要となる理由
  • バックリンクを構築するのに最も簡単な方法
  • Googleからペナルティーを受けないように注意すべき点
  • バックリンクとは何か

    「バックリンク」とは、クリックするとそのWebサイトから別のWebサイトに移動できるハイパーリンクのことです。実際、バックリンクとは、「A」というWebページから「B」というWebページを参照するためのものに過ぎません。ここでは、Webページ「A」の運営者がリンクをはることで、あるトピックについて訪問者にWebページ「B」のコンテンツを紹介するバックリンクに焦点を絞って説明します。バックリンクは、GoogleがWebサイトの適合性を判断するのに役立ちます。既に述べたように、バックリンクとはあるWebサイトが別のWebサイトをおすすめする紹介状のようなものであるため、コンテンツの質が高いことを示す頼れる指標となるケースがほとんどです。

    Webサイトの運営者は、通常、自分の読者に有益な付加価値を与えるコンテンツがあるWebサイトに対してのみリンクをはるため、信頼性に優れた質の高いサイトからのバックリンクをGoogleが重要視するのです。このようなバックリンクを多く獲得することが、検索順位のランクアップにつながります。実際に、長年にわたって獲得した良質のバックリンクがWebサイトのランキングアップにつながっていることが確認されています。しかし、バックリンクされるのを待つだけでは、時間がかかってしまいます。

    そこで登場する魔法の杖が、「リンクビルディング」なのです。リンクビルディングは、検索結果における自分のポジションを上げるために、関連性のある質の高いWebサイトから自分のサイトへのバックリンクを自ら積極的に探し求めることです。リンクビルディングは、オフページSEO対策による最適化の一環です。しかし、リンクビルディングの基礎は、絞り込んだキーワードを含む「アンカーテキスト」を使って自分のページへのリンクを作成することにあります。アンカーテキストには、リンク先の内容を説明する文章が含まれています。

    アンカーテキストは、リンク先のコンテンツが一目でわかるような簡潔な言葉で記述するようにしてください。そうすることで、Webサイトを訪問しようとしているユーザーが、リンク先のコンテンツの内容をすばやく把握することができるようになります。アンカーテキストは、検索エンジンのクローラーがリンク先のコンテンツと検索クエリの関連するトピックをマッチさせやすくする役割を果たします。ただし、検索エンジンによるペナルティーを避けるために、アンカーテキストが「自然」なものになるように常に注意を払う必要があります。たとえば、「ここをクリック」といったアンカーテキストだけを使うのは避けてください。

    アンカーテキストの理想的な使い方は、時代によって変化します。つい最近までは、「望ましいキーワードをアンカーテキストとして使うバックリンクがあればあるほど良い」と言われていました。しかし、現在では「自然」でバリエーションに富んだアンカーテキストを使うことや、中~高程度のビジビリティ(検索ユーザーがそのサイトを見つけやすい状態)のあるWebサイトから良質のバックリンクを獲得することが、より優先度の高い事項となっています。

    良質なバックリンクの構築は、多数のリンクの寄せ集めに頼るのではなく、高品質なバックリンクの獲得のもとに行われます。低品質の内部リンクばかりを寄せ集めたWebサイトは、今では「スパムリンク」と疑われて、検索エンジンからペナルティーを受けることもあります。深刻なケースでは、Googleの検索インデックスからサイトが排除されることにもなりかねません。そのため、自然と増えていくリンクビルディングに注力することが一層重要になります。

    質の高いバックリンクの見分け方

    積極的にバックリンクを構築するための方法はいくつかありますが、その一部をこの記事で紹介します。その前にまず、質の高いバックリンクとはどのようなものかを確認し、質の良いバックリンクや質の悪いバックリンクの条件を感覚的に見極める方法を身につけましょう。バックリンクとは、Webサイトの読者に別のサイトに紹介するものであるため、リンク先のサイトのテーマやコンテンツがリンク元のサイトの読者にふさわしいものであることを確認する必要があります。

    関連のないコンテンツを持つWebサイトからのバックリンクが多すぎると、Googleなどの検索エンジンに不自然なバックリンクの兆候であると見なされることがあるため、トピックとの関連性は重要な役割を担います。また、Googleなどの検索エンジンでは、特定のトピックにおけるWebサイトのコンテンツの適合性を認識する技術がますます向上しているため、トピックとの関連性だけでなく、リンク先のWebサイトのコンテンツに最新の情報を反映する必要があります。

    質の高いバックリンクであるかを判断するためのもう1つの重要な基準は、そのバックリンクが「dofollow」と「nofollow」のいずれかに分類されるかどうかです 。自然なバックリンクには通常、nofollow(ノーフォロー)とdofollow(ドゥーフォロー)の両方のリンクがありますが、一般的に検索エンジンのランキングシステムにとって価値が高いのはnofollowではなく、dofollowであると捉えていただいて構いません。

    dofollowリンクは、検索エンジンのクローラーにリンクをフォローしてリンク先のWebサイトのコンテンツを見るよう伝えます。反対にnofollowリンクは、リンク先のコンテンツの関連性は不十分であるから、クローラーはリンクをフォローすべきではないということを伝えます。リンクがnofollowまたはdofollowのどちらなのかを見極めるには、テキストリンクを右クリックして「検証」を選択します。すると、ページの右側に検証画面が表示されます。
    dofollowテキストリンクの例はこちらです:<a href=”https://amazon-affiliate.eu/en/load-time-site-acceleration/”> How To Speed Up Your Website’s Loading Time </a>”

    nofollowテキストリンクの例はこちらです: dofollowテキストリンクの例に「rel=”nofollow”」を挿入することで、このリンクをnofollowに設定することができます。
    <a href=”https://amazon-affiliate.eu/en/load-time-site-acceleration/” target=”_blank” rel=”nofollow noopener”> How To Speed Up Your Website’s Loading Time </a> ”

    SISTRIX Smartにログインすると、無料であらゆるWebサイトの現在のビジビリティインデックスを見ることができます。あなたのWebサイトに設置されているバックリンクの質は、割合をベースとしたアプローチを使うことで効果的に分析することができます。Webサイトのビジビリティインデックスを確認して、グラフに表示されたマイナスの変動、特に下降傾向に注目することが大切です。下記のグラフ例で確認できるとおり、下降傾向はWebサイトのビジビリティが下がっていることを意味しています。
    反対にビジビリティインデックスが上昇しているWebサイトは、次のようになります。
    以下は、質の高いバックリンクであるかどうかを示す指標のリストです。

    以下のチェックリストに該当すれば、質の良いバックリンクを獲得しているWebサイトです。
    • Webサイトにユーザーによるコメントの書き込みがあり、コンテンツに最新の情報が反映されている
    • リンク元のトピックとリンク先のトピックに関連性がある
    • リンクがdofollow設定になっている
    • テキストリンクがコンテンツから「自然に」作られている
    • ビジビリティインデックスが上昇している
    • ドメインが1年以上使用されている(1年未満のドメインの場合、Webサイトの信頼度が低くなります)
    • 数週間の間に50%以上の大きなビジビリティの減少がない(減少がみられる場合、Googleによるペナルティーを受けた可能性があります)
    以下のチェックリストに該当する場合、質の悪いバックリンクを獲得しているWebサイトです。
    • ユーザーによるコメントがなく、新しいコンテンツがない
    • 関連性のあるリンクがない
    • リンクがメインのコンテンツに設置されているのではなく、サイドバーやフッターなどの見えにくい場所にある
    • nofollow設定のリンクが多数ある
    • ビジビリティインデックスが数か月に渡って下降している
    • Webサイトが更新されておらず、使いにくい
    フォーラムにコメントを残す場合は必ずnofollowに設定されるため、新たなバックリンクのすべてを上記のチェックリストに照らし合わせて確認する必要はありません。あるWebサイトでゲストとしてコメントを投稿する際に、自分自身のWebサイトへのバックリンクを埋め込む場合は注意が必要です。フォーラムでコメントを残すことは「貢献」につながりますが、関連がなかったり、質の悪いWebサイトにコメントを投稿することは、自分自身のサイトの検索順位に多大な悪影響を及ぼすがあります。また、ゲストとしてコメントを書くのに必要な時間を考え、それだけの価値があるのかを常に判断するようにしてください。

    高品質なバックリンクを構築するための戦略

    ここまでは、バックリンクとは何か、高品質なバックリンクを見極める方法について説明しました。ここからは、有益で高品質なバックリンクの獲得を目指すための一般的なアプローチをいくつか紹介します。

    1.高品質なコンテンツ
    高品質なバックリンクを獲得するのと同様に、Webサイトの成功に欠かせないのは優れたコンテンツです。優れたコンテンツとは、読者に真の付加価値を与える最新の情報が反映された関連性の高いコンテンツです。Webサイトの成功を目指すなら、重視すべき最も重要な条件は高品質なコンテンツを配信することです。これは、良質のバックリンクを獲得することよりも大切なことです。どのようなコンテンツを制作するかは、Webサイトのテーマによって異なります。しかし、ユーザーがまたサイトにアクセスしたくなるような内容に仕上げる努力を忘れないでください。

    たとえば、スポーツ関連のWebページを運営しているならば、さまざまなスポーツにおける多種多様なトレーニングエクササイズについて記事を作成できるようなカテゴリーを設けましょう。スポーツ用品のカテゴリーを設けて、商品レビューを書くこともできます。どのようなテーマであっても、バリエーションに富んだコンテンツを配信するようにしてください。アフィリエイトリンク付きの商品レビューでWebサイトを一杯にすることは避けてください。あまりに熱心に売り込みを行うと、読者や検索エンジンはあなたのコンテンツをスパムであるかのように扱うようになります。多様性に富んだ、想定読者にマッチするコンテンツを常に提供するようにしてください。

    2.投稿に変化を付ける さまざまな種類の投稿を行うことで、コンテンツをバリエーションに富んだものにすることができます。その例を以下に示します。
    • カジュアルな会話のような投稿
    • 商品レビュー
    • 商品比較
    • 新しい投稿
    • チュートリアルやハウツー記事
    • 自分の意見やコメントのエントリー
    上に挙げた各種の投稿は、質の高いコンテンツを維持し、Googleからペナルティーを受ける可能性を避けるために、次のルールに従うようにしてください。

    ルール1 – ライバルのコンテンツをコピーしない 自分以外の人が作成したコンテンツをそのままコピーして利用すると、著作権侵害となります。また、検索エンジンは重複したコンテンツを認識できるため、あなたのWebサイトをランキングから完全に抹消することでペナルティーを科すことができます。

    ルール2 – 自分の意見を取り入れる 記事の中に自分独自の見解や意見を書くことをためらわないでください。Webサイトを運営しているのはあなた自身です。自分の考えを述べる際に、人の感情を煽ったり不確かなことを述べることなく、良識を持って偏りなく自分の見解を正当化できるのであれば、読者はその率直なアプローチを認めてくれるでしょう。

    ルール3 – 「一定の長さ」は気にしない 投稿が検索エンジンで良いポジションを獲得するためには、ある「一定の長さ」以下に抑えなければならないというのは、単なる作り話です。読者が求めている情報を提供できるコンテンツを作成してください。語数は関係ありません。

    ルール4 – オリジナルの画像と動画を使う 伝えたい内容を自分で用意した画像や動画で補ったり、説明することは、魅力あるコンテンツの作成に大きく貢献します。これは商品レビューだけでなく、あらゆるタイプのコンテンツに当てはまります。

    ルール5 – 定期的に新しい投稿をする 運営するWebサイトに定期的に新しい投稿を上げてください。頻繁に新しい投稿を行うことで検索エンジンに認識されやすくなり、検索結果でのランキングアップにつながります。

    ルール6 – 自分でも読みたくなるようなコンテンツを作成する バックリンクの話に関連することですが、自分が他人のWebサイトで読んだ場合でもリンクしたくなるぐらいに、テーマに沿った分かりやすく優れたコンテンツを作成するように常に心がけてください。

    3.ソーシャルメディアを活用する 質の高いコンテンツのバックリンクを獲得するには、自分のサイトで記事を作成、掲載する以上のことが求められます。ソーシャルメディアネットワークでは、自分のサイトを派手に宣伝して読者を引き込むチャンスがあります。Facebookなどのソーシャルメディアプラットフォームでプロフィールを作成すれば、自分が書いた新しい記事やコンテンツへのリンクを含む投稿をすることができます。FacebookやTwitterを積極的に使って、投稿やツイートで自分の書いた記事を常にアピールするようにしてください。そうする中でフォロワーが増え、あなたの記事についてシェアしたり、リツイートしてくれるかもしれません。

    結果的に、あなたのコンテンツやリンクがさらに広がるようになり、バックリンクを獲得できる可能性が増えます。残念なことにソーシャルメディアのアカウントに掲載したリンクはnofollowに設定されますが、さまざまな種類のリンクを構築するのに役立ちます。しかし、そこは「持ちつ持たれつ」の関係です。自分のコンテンツを宣伝するだけではいけません。他のユーザーの投稿にコメントを書いたり、「いいね」をしたり、シェアやリツイートしてあげることも大切です。WordPressにあるさまざまなソーシャルメディアのプラグインを利用して運営するWebサイトに投票ボタンを導入し、読者にコンテンツをソーシャルネットワークで拡散してもらうこともできます。

    4.ゲストとして寄稿する 有名なWebサイトやブログでゲストとして記事を掲載してもらえるように手配できれば、多くの注目を集めるだけでなく、価値あるバックリンクの獲得にもつながります。あなたが運営しているWebサイトの規模が小さいものであっても、専門家として記事を寄稿することができれば、あなたのサイトが質の高いコンテンツを備えた信頼性と使いやすさに長けたサイトであると認知してもらえるようになります。ゲストとして良い記事を寄稿すると、専門的な知識をベースに高度なトピックについて語るだけでなく、複雑な概念や情報を分かりやすく明確に説明できるため、ホストサイトの運営者に付加価値を提供することになります。ゲストとして寄稿する際には十分にリサーチを行い、すでに取り上げられたことのあるトピックではなく、新しいトピックをピックアップするようにしてください。

    5.ブログのコメント Webサイトのバックリンクを構築するには、違うWebサイトやブログにコメントを残す方法もあります。ブログのコメントには、「素晴らしい記事です」以上に深いコメントを書くようにしてください。コメントを残す記事をじっくり読み、その内容に直接関連するコメントを作成します。こうすることでコメントが掲載されやすくなり、バックリンクを獲得できます。一般的にブログのコメントのほとんどはデフォルトでnofollowに設定されています。しかし、きちんとしたnofollowリンクであるなら、バックリンクがまったくないよりもずっと良い結果につながります。

    6.無料ダウンロードを提供する 何かを無料で提供することは、バックリンクを獲得するための有効な手段です。比較表、チェックリスト、電子書籍などの無料のオファーには、他のWebサイトの所有者が自分で使うためにリンク付けすることがよくあります。繰り返しになりますが、真の付加価値を提供することと、コンテンツがWebサイトのテーマに関連するものであることを確認してください。

    7.Webディレクトリ バックリンクの構築にあたってシンプルながら効果的な手段は、テーマに沿ったWebサイトが掲載されている質の高いディレクトリにリンク付けをすることです。比較的少ない労力で運営するWebサイトを掲載できるだけでなく、見返りとして高品質なバックリンクを獲得できます。

    8.インタビュー記事 インタビュー記事は、Webサイトにとって目新しいコンテンツとなり読者を喜ばせます。あなたが運営しているWebサイトがすでに有名なものであれば、インタビューを依頼する際に良い返事をもらいやすくなります。Webサイトの所有者は面白いインタビュー記事のリンクをはることがよくあります。そのため、インタビュー相手の知名度によっては、インタビューする側のサイトの読者が訪れる他のWebサイトからバックリンクを獲得できることもあります。もちろん、あなたがインタビューを受けるときもインタビュー記事にリンクをはって、バックリンクを自分のものにすることができます。

    9.商品メーカーに問い合わせる 詳細なテストレポートや高品質な商品レビューコンテンツを掲載するアフィリエイト・ウェブサイトを運営している場合は、自分のWebサイトのリンクをはってもらえないかメーカーに問い合わせてみるとよいでしょう。商品を紹介してもらえるということで、メーカーが喜んでリンクをはってくれることはよくあることです。これは、あなたが作成するレビューが商品を100%肯定するものでなければならないという意味ではありません。むしろ、メーカーは商品への批判や改善の提案も含んだ信頼のおけるテストレポートを好みます。しかし、メーカーからのバックリンクを得るためには、プロにふさわしい印象のWebサイトが必須です。サイト運営をはじめたばかりのときは、小規模であまり有名ではないメーカーにアプローチをすれば、依頼に応えてもらえる可能性が高くなります。

    10.リンクの交換 バックリンクを獲得するもう1つの方法は、別のWebサイトの運営者とリンク交換の約束を交わすことです。検索エンジンからペナルティーを受けないように、リンク交換は決して直接行ってはいけません。不自然なリンク交換となってしまうからです。たとえば、Webサイト「A」が、あなたのWebサイト「B」にリンク付けをします。そのお返しに、あなたはテーマの合う第2、第3のWebサイトから間接的にWebサイト「A」にリンクをはります。この方法を使えば、直接リンク交換をすることはありません。特に、あなたが複数の関連するWebサイトを運営している場合は、リンク交換がバックリンク獲得の有効な手段となります。

    11.プライベートリンク あなたの友人の中に、Webサイトの運営者はいませんか? 周りの人に聞いてみてください。確認することはタダですし、運がよければバックリンクを獲得できるかもしれません。

    12.質問ポータル QuoraやAskなど、有名な質疑応答サイトが数多くあります。あなたのWebサイトであるトピックを専門に扱っている場合、そのトピックについて新しい質問が上がったときに、このような質疑応答サイトから通知を受けることができます。繰り返しになりますが、前述のブログへのコメントと同様に、短い答えではなく役に立つ答えを詳しく書いてください。長期に渡って多くの質問に答えれば、あなたが使用するプロフィールへの有用性と信頼性が増し、関連のある質問に対してあなたが運営するWebサイトのリンクを挿入することができるようになります。


    13.セルフリンク 特定のトピックに関する情報を読者に提供するために、関連のあるサイトへのリンクをあなた自身が運営するサイトに設置することを繰り返していると、リンク先のサイト所有者がそれに気付き、お返しとしてバックリンクをはってくれることがあります。

    より優れたバックリンク: まとめ

    数年前までは、「運営するWebサイトが獲得しているバックリンクが多ければ多いほど、検索エンジンでの検索順位が上がりやすくなる」というのが定説でした。しかし、現在では質が良くビジビリティの高いWebサイトからのdofollowとnofollowのリンクをバランスよく組み合わせたリンクが、質の高いバックリンクを構築する最良手段とされています。バックリンクを獲得するには、高品質なコンテンツが最も重要になることに変わりはありません。本記事で紹介した方法は主に、そもそも魅力あるWebサイトを作成することでバックリンクを間接的に獲得することに焦点を当てています。

    時間がかかるアプローチではありますが、最終的に最も成功を収められる方法です。また、違うWebサイトからバックリンクを獲得する価値があるかを考え、Webサイトとビジビリティを判断できる能力を身につけることも大切です。ここで取り上げらえた方法をいくつか組み合わせて使うことができれば、高品質なバックリンクを獲得できる可能性がさらに増えるでしょう。
    シェアする

    ご意見をお寄せください。

    アソシエイト・セントラルについてのご提案やご意見は こちら