アソシエイト・HOW TO ガイド

Amazonレポートを使った紹介料アップの方法

アソシエイト・プログラムに参加をしたら、まずは定期的にサイトのパフォーマンスをチェックしましょう。
定期的にサイトのパフォーマンスを確認することは、紹介料アップのための最も重要なアクションの1つです。日々の紹介料を確認し、改善点を見つけることが紹介料アップに繋がります。ここではレポートの見方や分析のためのTipsをご紹介します。
Boost your Earnings using Reports
この記事で学べること:
  • Amazonアソシエイトレポートから取得できる情報とは
  • 紹介料アップの方法
  • TrackingIDを使った詳細な分析方法
レポートデータは詳細な紹介料や売上に加え、より収益を向上させるためのヒントを得ることができます。どんなWebサイトも最初から完璧であるということはなく、改善を続けていくことでより大きな結果に繋げることができます。ぜひレポートを収益性の向上に役立ててください。

Amazonアソシエイトレポートから取得できる情報とは

アソシエイト・セントラルにログインすると、過去30日間の紹介料やクリック数の推移がグラフで表示されます。グラフの下には30日間の紹介料、メンバー紹介イベント報酬、クリック数の合計値がそれぞれ表示されます。当月のレポートもグラフの右側に示されます。 これはすべて有益な情報ですが、さらに詳しい情報を見ることができます。

画面の上部に表示される「レポート」タブをクリックすることでレポートページを見ることができます。 ここには様々な機能があります。

試しに直近の30日間の日付ごとのレポートを見てみましょう。レポートの見出しの下にある、期間が表示されている部分(Feb 10 2018など)の右側にあるプルダウンから、データ取得期間を「過去30日間」に設定します。グラフの下にあるタブから「売上レポート」を選択し、画面右にある「グループ分け」のプルダウンメニューから「日付」を選択します。そうすると各日の以下の情報を閲覧することができるようになります。
  • 日付: それぞれの日付を表示します。...
  • クリック数: お客様のサイト経由で発生したクリック数の合計です。..
  • 商品リンクのコンバージョン率: クリックされた商品リンクのうち、実際に購入された商品数の割合の1日の平均値です。
  • 商品リンクを介して注文された商品: クリックされた商品リンクで、実際に注文された商品数です。
  • その他注文された商品: クリックされた商品とは異なる商品ですが、注文された商品数です。
  • 注文数合計: お客様のサイト経由で注文された商品数の合計です。
  • 発送済み商品売上: 対象日に発送された商品の売上金額の合計です。
またレポート内容に上にある「売上レポート」を選択すると、以下の情報を見ることができます。.
  • 日付: それぞれの日付を表示します。
  • クリック数: お客様のサイト経由で発生したクリック数の合計です。
  • 発送済み商品: その日に発送した商品の数です。
  • 売上: お客様のサイト経由で発生した、商品の販売金額の合計です。
  • 紹介料:売上にそれぞれの商品の紹介料率をかけた結果、お客様が受け取る予定の紹介料です。
Amazonアソシエイト・プログラムは発送した商品に対して紹介料が発生します。注文レポートでは、注文時点でレポートデータが生成されるため紹介料は計算されません。一方で売上レポートでは未発送の商品(注文のみされたもの)はレポートデータに含まれませんのでご注意ください。

紹介料アップの方法

どのような商品に関心があるかを知る

商品リンクを介して注文された商品とは、お客様のサイトに設置されている商品ページに遷移するリンクを介して注文された商品です。一方で多くのお客様はAmazonサイトにきて複数の商品を見比べた上で購入する商品を決定したり、ついでに必要なものを購入しています。その他注文された商品のデータを確認することで、どのような商品が同時に購入されているか、ついでにどのようなものが購入されているのかを確認することができます。ここではさらに、日付がリンクになるのでクリックしてみて下さい。その日に注文された商品が一覧で表示されます。

どのような商品に関心が持たれているかを知ることは大切です。本当に訪問者が欲しい商品のリンクを設置することができれば、クリックが増え、紹介料のアップにも繋がります。是非レポートを活用してお客様のサイトの訪問者の傾向や、興味のある商品を見つけ、適切な商品を紹介できるようにリンクを設定してみて下さい。

どのカテゴリーでよく売れているかを知る

またグループ分けの機能には「カテゴリー」という選択肢もあります。レポートで一覧表示されている右上にある「グループ分け」のプルダウンメニューから「カテゴリー」を選択して下さい。Amazonカテゴリーの一覧とそれぞれの売上、注文数が表示されます。「注文レポート」「売上レポート」のそれぞれで取得できる情報の種類が異なります。クリック数や紹介料は、売上レポートで確認することができます。

例えばお客様のサイトがアナログレコードを紹介しているサイトだとして、売上を見たところ、実際に訪問者が購入している商品がCDやレコード機器そのものだったとします。そういった場合は、CD商品のリンクを追加したり、オススメのレコード機器を紹介する記事を執筆し、リンクを設定することで紹介料アップのチャンスがあります。

また、電化製品やファッション製品など、新作が定期的に発売される商品は、リンクを再検討することも有効な方法です。最新の商品リンクを追加したり、既存のリンクを更新することでお客様のサイトのコンテンツを最新の状態に保つことにも繋がり、紹介料アップにも繋がります。

トラッキングIDを使った詳細な分析方法

トラッキングIDを利用することで、より詳細に分析を行い、改善に繋げることができます。トラッキングIDは無償で自由に生成し、使用することができます。トラッキングIDは、アソシエイトID(xxx-22というもの)と同じ挙動をするもので、お客様のアカウントで生成したトラッキングIDはお客様の売り上げとして計上されます。トラッキングIDを分けることで、それぞれのトラッキングIDごとにレポートを確認することができるため、サイトごと、サイト内のカテゴリごと、各ページごとの詳細な効果測定を行うことができます。

トラッキングIDの生成は、アソシエイト・セントラルのトップページに表示される、お客様のアカウント名をにマウスオーバーすると表示されるプルダウンメニューから「トラッキングIDの管理」を選択することで生成することができます。ご希望のトラッキングID名を入力し、検索した結果、利用可能なIDであれば利用することができます。

一般的な利用方法は、管理するサイトごとにトラッキングIDを発行することです。サイトAではTrackingID-Aでリンクを生成するようにし、サイトBではTrackingID-Bでリンクを生成するようにします。そうすることで、管理しているサイト別の詳細なパフォーマンスを確認することができるようになります。また管理するサイトが多彩なカテゴリーのコンテンツを扱う場合、カテゴリーごとにトラッキングIDを設定することもできます。これにより、より成果の出ているカテゴリー、出ていないカテゴリーでそれぞれクリック数や紹介料額、売れている商品などといった詳細なレポートを得ることができます。

トラッキングIDを細かい単位で分けて使うことで、より詳細なパフォーマンスを測定することもできます。例えば、記事ごとに異なるトラッキングIDを設定した場合、記事ごとの成果を比べることができるようになります。

トラッキングID別のレポートを確認するには、レポートページへアクセスし、「グループ分け」のプルダウンメニューから「トラッキングID」を選択します。注文レポート、売上レポートのそれぞれでトラッキングIDごとのクリック数や注文数、売上、紹介料などを確認することができます。

トラッキングIDごとの売れている商品を見たい場合、レポートの見出しの下にあるトラッキングIDの右に通常「すべて」と表示されますが、マウスオーバーすることで特定のトラッキングIDを選択することができます。トラッキングIDを指定することで、詳細な売れている商品名や過去の推移を確認することができます。

まとめ

この記事ではレポートの使い方や、レポートを分析することで分かる、サイトの改善ヒントの見つけ方をご紹介しました。売れている商品のリンクを追加したり、カテゴリー別でみた結果から得た新しい記事の執筆ヒントを活用し、是非皆さまのサイトの紹介料アップにお役立てください。
シェアする

ご意見をお寄せください。

アソシエイト・セントラルについてのご提案やご意見は こちら