日本語 - JP
詳細 ›
日本

oneTag およびコンテンツ・インサイトに関するよくある質問 (FAQ)

Q1. Amazon では oneTag の使用管理に関する具体的なポリシーを定めていますか?
はい。oneTag にアクセスして利用するには、oneTag に関するポリシーに同意する必要があります (こちらでご確認ください)。

Q2.oneTag スクリプトはどこでダウンロードできますか?
oneTag スクリプトはこちらからダウンロード可能です。

Q3.oneTag スクリプトはどこにインストールすべきですか?
サイト上のお好きな場所に oneTag をインストールすることができます。サイト全体で oneTag の機能を活用できるように、Amazon ではフッターにインストールすることをお勧めしています。

Q4. oneTag スクリプトの削除方法を教えてください。
サイトから oneTag スクリプトを削除することで、いつでもスクリプトを消去することができます。

Q5.oneTag スクリプトの読み込みは同期または非同期で実行されますか?
oneTag スクリプトは、同期および非同期の両方のバーション利用できます。

Q6. oneTag をインストールするメリットを教えてください。
oneTag の役立つ機能には以下のようなものがあります: (1) 自動タグ付け機能:oneTag は、インストールされているページ上のすべての Amazon リンクをスキャンして、ストアIDなどのアソシエイト属性に必要な属性を追加します。(2) コンテンツ・インサイトレポート機能:oneTag は情報を収集して、サイトのコンテンツに関する集約的かつ匿名のパフォーマンスレポートを作成します。このレポートは、サイトのコンテンツの関連性を改良し、ユーザーにとって関心の高い機能、商品、サービスが表示されるようにするのに利用することができます。さらに、アフィリエイト・マーケティングの成果を評価することに役立ちます。 (詳細については、以下の「コンテンツ・インサイトに関するよくある質問 (FAQ)」をご覧ください)。

Q7.oneTag がサイトユーザーから収集する個人情報にはどのようなものがありますか?また、この個人情報はどのように使用されますか?
oneTag は以下の個人情報を取得します:

  • 不正検出およびトラフィック品質の判断に使用される IP アドレス
  • URL、Amazon アフィリエイトリンクのクリックと閲覧、およびブラウザと OS に関する一般情報。この情報は、匿名化されたユーザーの集計レポートを作成するために用いられます。これによってアソシエイトは、アフィリエイト・マーケティングに役立つより有用で関連性の高いコンテンツを創出し、その成果の測定が可能になります (「oneTag レポート」)。
  • 匿名化された識別子 (Cookie ID)。この識別子は、オプトアウトステータスを維持するために、 Amazon アソシエイト・プログラムのシステムがユーザーを匿名で認識するのに使用されます。

oneTag が、アソシエイトのサイト上におけるユーザーインタラクションを、個人を特定できる情報に関連付けることはありません。Amazon は、プライバシー規約および適用される法律に従い、oneTag レポートを作成するのに必要な期間のみ、oneTag を通じて収集された個人情報を保管します。oneTag を自動的にリンクにタグ付けする目的での個人情報の収集は行われません。Amazon は oneTag レポートを受け取るアソシエイトに個人情報を提供することはありません。

Q8. ユーザーが oneTag の個人情報データ処理をオプトアウトする方法を教えてください。

ユーザーは、Amazon アソシエイト・プログラムの「oneTag 設定」ページにアクセスすることができます。国別のオプトアウトページ一覧は以下をご確認ください。

サイト訪問者が oneTag によるデータ処理をオプトアウトする方法についてサイト上で開示するようにしてください。

Q9. 適用される法律やサイトのプライバシーによって Cookie、ピクセル、その他のテクノロジーについてユーザーの同意が必要な場合、どのような実装方法がありますか?

Cookie、ピクセル、その他のテクノロジーに関して、直接的な同意やオプトアウトの可否をユーザーに確認する必要がある場合、いくつかの方法を利用できます。

  • 個人情報のデータ処理についてお客様の同意あるいはオプトインの承諾が得られている場合にのみ、oneTag スクリプトを含めてください。以下の方法でスクリプトを含めることができます。

if (customerConsent) { var script = document.createElement("script"); script.type = "text/javascript"; script.src = "//z-na.amazon-adsystem.com/widgets/onejs?MarketPlace=US&adInstanceId=b6cde4d7-7aad-433d-bbab-aecdbd2d6954"; document.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(script); }

  • ウィンドウプロパティを使って各ページの oneTag スクリプトを無効にします。oneTag スクリプトには、「true」に設定 (Window[‘aa-disable-onetag-tracking’] = true) することで oneTag を無効にするウィンドウプロパティが備わっています。

 

ウィンドウの変数が「true」に設定されている場合でも、自動タグ付け機能は引き続き動作します。

このウィンドウプロパティは、oneTag を無効にしたいページ毎に設定する必要があります。プロパティが設定されていない場合や、「false」に設定されている場合、oneTag は通常どおり機能します。

Q10. Amazon アソシエイト・プログラムは、どのようにして oneTag ポリシーを遵守しているかを確認するのでしょうか?

Amazon では、お客様のホームページのマニュアルレビューを行うことで oneTag ポリシーの順守を確認します。oneTag のポリシーや適用される法律に違反した場合、アカウントが閉鎖される可能性があることにご注意ください。

コンテンツ・インサイト

Q11.コンテンツ・インサイトレポートで得られる新しいインサイトには、どのようなものがありますか?

コンテンツ・インサイトレポートは、合計クリック数、収益、売上レポート、購入された商品のASIN、記事のブランド、Amazon リンク、キャンペーンレベル (UTMタグに基づく) に関する情報を提供します。

Q12.レポート上でデータが「その他」のカテゴリーにまとめて表示されています。「その他」のカテゴリーとは、どのような意味ですか?

コンテンツ・インサイトレポートは、記事、Amazon リンク、キャンペーンレベルでのストアパフォーマンスを集約したものです。各データ量にしきい値が設定されており、しきい値に満たないデータがある場合は、「その他」のカテゴリーに集約されます。これに加えて、AMP ウェブサイト、モバイルアプリ、ソーシャルメディア、データを操作するネットワークからのクリックも「その他」のカテゴリーに集約されます。

oneTag

Q13.レポートの作成頻度を教えてください。

レポートは、前日のレポートを日次レポートとして、また、7 日前までのレポートを連続した 7 日間の週次レポートとして利用することができます。

Q14.レポートの形式を教えてください。

レポートは、セキュアな S3 ロケーションにおいて XML 形式および csv 形式で提供されます。

Q15.レポートのアーカイブ保存期間を教えてください。

最新の週次レポートを 4 件、 最新の日次レポートを 30 件まで保管します。

ご意見をお寄せください。

アソシエイト・セントラルについてのご提案やご意見は こちら