Amazon.co.jp Product Advertising API ライセンス契約

改定日:2017/2/15

本Amazon.co.jp Product Advertising API ライセンス契約(以下「本ライセンス契約」といいます。)は、乙によるAmazon Product Advertising API、データフィードおよび商品関連コンテンツ(各用語は下記に定義します。)へのアクセスおよび使用に適用される条件を定めるものです。「」とは、場合に応じ、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社を意味します。「」とは、申込者を意味します。「アマゾン・サイト」とは、Amazon.co.jpサイトおよび本ライセンス契約に従い甲が商品関連コンテンツを使用可能にする甲または甲の関連会社が所有または運営するその他の日本のサイトを意味します。「乙のアプリケーション」とは、乙がアマゾン・サイトにリンクさせるか、商品関連コンテンツを表示するか、または、Product Advertising APIから取得したデータを使用する、乙が所有、運営または管理するソフトウェアアプリケーションまたはサイトを意味します。

本ライセンス契約の条件に同意するというボックスにチェックを入れることにより、または、Product Advertising API、データフィードもしくは商品関連コンテンツにアクセスもしくは利用することにより、または、変更通知、改訂ライセンス契約もしくは改訂運営文書を甲が掲載した後もアクセスもしくは利用を継続することにより、乙は、(a) 本ライセンス契約、Amazonアソシエイト・プログラム運営規約に定めるアプリケーションに関する制限および(Product Advertising APIへのアクセスに必要とされるAWSアカウントに対して適用される範囲において)Amazon Web Servicesカスタマーアグリーメントに拘束されることに同意し、(b) 乙は Product Advertising APIまたはデータフィードおよび商品関連コンテンツの利用が望ましいか否かを乙自身で検討し、本ライセンス契約に明示的に規定する以外のいかなる表明、保証または声明にも依拠しないことを確認および同意し、(c) 乙が合法的に契約を締結できること(例えば、乙が未成年ではないこと)および本ライセンス契約を現在および将来も遵守することを表明および保証します。また、本ライセンス契約に同意するのが会社その他の団体である場合には、当該会社または団体を代表して本ライセンス契約に同意する者は、当該会社または団体を本ライセンス契約に拘束する法的権限および権能を有することを表明し、保証します。

  1. Product Advertising APIについて
  2. 本ライセンス契約は、アマゾン・サイト上で販売される商品(以下「本商品」といいます。)を、乙が宣伝できるようにすることを目的としています。本ライセンス契約に基づき、甲は、一般には非公開としているアプリケーションプログラミングインターフェースおよびその他のツール(以下総称して「Product Advertising API」といいます。)を乙が利用できるようにします。Product Advertising APIによって、乙は以下を含む本商品に関する一定の種類のデータ、画像、テキストおよびその他の情報(以下「商品関連コンテンツ」といいます。)へアクセスし、利用することができます。

    • データ、画像、音声、映像、ロゴ、ユーザインターフェースデザインおよびその他のクリエイティブデザイン
    • テキスト形式の素材(たとえば、テキスト形式の商品情報)

    商品関連コンテンツに加え、甲は随時、Product Advertising APIに関連して、サンプルソースコードおよびライブラリを提供することがあります。サンプルソースコードおよびライブラリはそれぞれ、各サンプルソースコードまたはライブラリに付随する別個のライセンスに基づき乙に提供されます。Product Advertising APIに関連して、甲は、形式を問わず、運営上および機能上の性能、利用制限、技術上およびエンジニアリング上の必要条件ならびにProduct Advertising APIの適切な利用に関連するテストおよび性能基準を記載した仕様書、ユーザマニュアル、ガイド、サポート資料およびその他の情報(以下「仕様書類」と総称します。)を提供することがあります。本ライセンス契約において、本ライセンス契約と別個のライセンスおよび仕様書類に基づき乙に提供されるサンプルソースコードまたはライブラリは、「商品関連コンテンツ」には含まれません。また、アマゾン・サイト以外のサイトで提供されたいかなるデータ、画像、テキストその他の情報またはコンテンツも明確に除外されます。amazon.co.uk, amazon.com, amazon.de, amazon.caおよびamazon.frなどの、甲の関連会社の日本以外のサイト(以下「Amazon関連会社サイト」と総称します。)上で提供される商品の広告に適用されるライセンス条件については、第6条をご参照ください。

  3. 加入
  4. 加入手続きを開始するには、乙は全ての必要事項を正確に記入した申込フォームを提出しなければなりません。申込フォームには、乙がProduct Advertising APIによる開発および使用を意図している、または、商品関連コンテンツを表示しようとしているアプリケーションの内容を記載しなければなりません。甲は乙の申込フォームを検討し、承諾または断りの連絡をします。甲は、乙のアプリケーションが不適当であると判断した場合、乙の申込を断ることができます。不適当なアプリケーションの例としては、以下のようなアプリケーションが含まれます。

    (a) アマゾン・サイトの宣伝およびマーケティング、ならびにアマゾン・サイト上の商品およびサービスの販売促進を主要な目的としないアプリケーション。

    (b) 性的に露骨な内容を奨励または含むアプリケーション。

    (c) 暴力を奨励するまたは暴力的な内容を含むアプリケーション。

    (d) 誹謗中傷を奨励するまたは誹謗中傷的な内容を含むアプリケーション。

    (e) 人種、性別、宗教、国籍、身体障害、性的指向もしくは年齢による差別を奨励するまたは差別的慣行を用いるアプリケーション。

    (f) 違法行為を奨励または実行するアプリケーション。

    (g) Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標(商標のリスト(全ての商標を網羅するものではありません)についてはこちらをご参照ください。))またはその変形もしくはスペル違いを、URLのトップレベルドメイン名(例えば、「co.jp」、「.net」、「co.uk」、「.com」など)の左側に含む(例えば、「amazon.mydomain.com」、「amaozn.com」、「amaozn.co.jp」、「amazonauctions.net」、「endless.mydomain.com」、「endlss.com」、「kindle.mydomain.com」または「kindel.com」などのURLは不適当です。)またはこれらの商標、その変形もしくはスペルミスを名称に使用するアプリケーション。

    (h) その他知的財産権を侵害するアプリケーション。

    (i) 上記のほか、甲が適切でないと判断するアプリケーション。

    甲が乙の申込みを断った場合でも、乙はいつでも再申込みをすることができます。しかし、甲が乙の申込みを承諾した場合でも、その後乙のアプリケーションが不適当であると判断した場合、甲は本ライセンス契約を解除することができます。

    申込フォームに記載した情報および乙のアカウントに関連するその他の情報(乙の連絡先情報および乙のアプリケーションの説明を含みます。)は、常に完全、正確かつ最新のものでなければなりません。甲は、本ライセンス契約、Product Advertising API、データフィードまたは商品関連コンテンツに関する通知、承認その他の連絡を、乙のProduct Advertising APIアカウントに登録されたその時点で最新の電子メールアドレス宛てに送信することがあります。乙のProduct Advertising APIアカウントに登録されている電子メールアドレスが最新のものでなくなった場合でも、乙は当該電子メールアドレスに送信された一切の通知、承認その他の連絡を受領したものとみなします。

    加入するには、乙はAmazonアソシエイト・プログラムのアカウントおよびAmazon Web Servicesのアカウントが必要となります。Amazonアソシエイト・プログラムのアカウントをお持ちでない場合は、こちらをクリックして申請してください。また、Amazon Web Servicesのアカウントをお持ちでない場合は、Amazon Web Servicesのアカウントを作成していただく必要があります。乙は、Product Advertising API、データフィードまたは商品関連コンテンツにアクセスまたは使用するために、乙のAmazonアソシエイト・プログラムのアカウントおよびAmazon Web Servicesのアカウントを有効に維持しなければいけません。

    乙は、Product Advertising APIアカウントを一つだけ開設し利用することができます(また、乙が団体の場合は、乙および乙の全ての関連会社は一つのProduct Advertising APIアカウントのみを合同で利用することが認められます。)。甲が単独の裁量により複数のProduct Advertising APIアカウントが乙によりまたは乙のために利用、保有、運用または管理されていると判断した場合には、甲は、本ライセンス契約および乙のアカウントのいずれか、または全てを解除する場合があります。

  5. 商品関連コンテンツの取得
  6. 乙は、Product Advertising APIにリクエスト送信を行うことにより、商品関連コンテンツを取得することができます。甲の明示的な事前の書面による同意により、乙は、甲がファイル転送プロトコルで利用可能にしたデータフィード(以下「データフィード」といいます。)を通じて商品関連コンテンツを取得することもできます。データフィードを通じての商品関連コンテンツへのアクセスに対する甲の承認を要請するには、こちらのリンクから甲にご連絡ください(たたし、承認を保証するものではありません。)。乙がデータフィードを通じて商品関連コンテンツを取得した場合、乙によるデータフィードへのアクセスおよび使用は本ライセンス契約の適用対象となります。乙は、甲がいつでも、随時、Product Advertising APIもしくはデータフィード、またはProduct Advertising APIもしくはデータフィードの仕様を変更、廃止または再発行することができることを確認し、また、乙の責任で、乙によるProduct Advertising APIまたはデータフィードへのアクセスおよび使用が、(本ライセンス契約および一切の運営文書を含みます。)その時点で最新の要件に対応していることを確認することに同意します。

    乙は、乙のアカウントの識別およびProduct Advertising APIのリクエスト送信をするために、固有の公開キー/秘密キー(以下、各キー・ペアを「アカウント識別子」といいます。)およびアソシエイト・タグ・パラメータ(アソシエイト・プログラムのオペレーション文書にそれぞれ定義される、Amazonアソシエイト・プログラムに基づき乙に対して発行される「アソシエイトID」または関連する「アソシエイト・プログラムトラッキングID」のいずれかとなります。)の両方を使用しなければいけません。乙のアカウント識別子は、乙のAmazon Web Servicesのアカウントに関連して割当てられたアカウント識別子と同一です。乙は、Product Advertising APIのアカウント作成プロセスを通じてアカウント識別子を取得することができ、また、乙が加入前に既にAmazon Web Servicesのアカウントをお持ちの場合は、当該アカウントに紐づいているアカウント識別子を使用することができます。乙がデータフィードを通じて商品関連コンテンツを取得する場合、乙は、データフィードにアクセスするために、固有のユーザ名/パスワードの組み合わせ(以下「データフィードアクセスID」といいます。)を使用しなければなりません。乙は、甲の承認を得て、データフィードアクセスIDを取得しなければなりません。甲は、乙のアカウント識別子またはデータフィードアクセスIDを随時変更することがあります。秘密キーであるアカウント識別子またはパスワードであるデータフィードアクセスIDは、乙個人の利用のためものであり、乙は、乙のこれらの秘密およびセキュリティの管理をしなければなりません。乙は、乙の秘密キーまたはパスワードを、他の個人または事業体に販売、譲渡、サブライセンスまたは公開してはなりません。公開キーであるアカウント識別子またはユーザ名であるデータフィードアクセスIDは秘密ではありません。乙は、乙のアカウント識別子およびデータフィードアクセスIDに基づき発生する全ての活動につき、これらの活動が乙または他の個人もしくは事業体によりなされたものであるかを問わず、全面的に責任を負います。従って、乙は、乙以外の者が乙の秘密キーまたはパスワードを使用している可能性があると考える場合、または乙の秘密キーもしくはパスワードが開示、紛失もしくは盗まれた場合、直ちに甲に連絡しなければなりません。Amazon Web Servicesが提供するサービスへのアクセスまたは使用のための乙のアカウント識別子の使用は、Amazon Web Servicesカスタマーアグリーメントの適用対象となります。乙は、乙以外の者に割当てられた、または甲が明確に乙に割り当てていないアソシエイト・タグ・パラメータ、アカウント識別子またはデータフィードアクセスIDを使用してはなりません。

  7. 利用要件
  8. Product Advertising APIにリクエスト送信を行う、データフィードにアクセスをする、または商品関連コンテンツを使用することにより、乙は下記の要件を遵守することに同意します。

    (a) 第6条に従う場合を除き、乙は甲または甲の関連会社の商標またはロゴ(第6条に定義されるアマゾン商標を含みます。)を使用しないものとします。

    (b) 乙は、(i)合法的な方法で、(ii)本ライセンス契約の条件に従い、第6条にて付与されたライセンスの明示的な範囲内で、(iii)アマゾン・サイトにエンドユーザを誘導し販売を促進する目的でのみ、商品関連コンテンツを使用するものとします。乙は、アマゾン・サイトの宣伝およびマーケティングならびにアマゾン・サイト上の商品およびサービスの販売促進を主な目的としないサイトまたはアプリケーションその他において、Product Advertising API、データフィードおよび商品関連コンテンツを使用してはなりません。

    (c) 乙は、全ての仕様書類を含め、本ライセンス契約に引用された全てのページ、別紙、ポリシー、ガイドライン、ならびにその他の文書および資料(以下「運営文書」といいます。)を遵守するものとします。

    (d) 乙は、商品関連コンテンツを使用する際は毎回、アマゾン・サイトの関連ページ(例えば、関連の商品の詳細ページ、または特定の商品関連コンテンツが最も直接的に関連するその他のページ)にのみリンクを張るものとし、アマゾン・サイト以外のサイトのいかなるページにも、商品関連コンテンツをリンクしたり、商品関連コンテンツに関連したトラフィックを誘導しないものとします(ただし、乙のアプリケーションで商品関連コンテンツに密接に関連していない部分は、アマゾン・サイト以外のサイトへのリンクを含んでもよいものとします。)。

    (e) 乙は、甲の事前の書面による同意なしに、携帯電話その他携帯端末またはいかなるセットトップボックス(例えば、地上・BS・CATV受信用ボックス、デジタルビデオレコーダー、ストリーミングビデオプレイヤー、ブルーレイプレイヤー、DVDプレイヤー等)または、インターネットテレビ(例えば、Google TV、ソニーBravia、パナソニックViera Cast、Vizioインターネットアプリケーション等)での使用を目的としたまたは意図したサイトまたはアプリケーション上でまたはこれらに関連して、商品関連コンテンツを使用することはできません(ただし、携帯端末に関する本項の禁止は、タブレット端末上のインターネット・ブラウザを経由してアクセスされる携帯端末用に最適化されていないサイト等の、携帯端末での使用向けに設計または意図されたものではないが、これらの端末によってアクセスすることができるサイトおよびAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に定義される承認モバイル・アプリには適用されません。)。

    (f) 乙は、いかなる方法でも、商品関連コンテンツに追加、削除またはその他変更(追加情報を加えることを含みます。)してはなりません(例えば、乙はカスタマーレビューに文言を挿入することはできません。)。ただし、乙は、(i) 当初の比率を維持する形で、グラフィック画像で構成される商品関連コンテンツのサイズを変更すること、(ii) テキストの意味を実質的に変更する、事実と相違させる、誤解を招くまたは法令もしくは業界ガイドラインと矛盾させることがないような形で、テキストで構成された商品関連コンテンツを短縮することができます。

    (g) 乙は、アマゾン・サイトに表示されなくなった、または、甲が乙による利用が不可能となった旨を通知した商品関連コンテンツを速やかに乙のアプリケーションから削除し、消去その他の方法で破棄するものとします。

    (h) 乙は、スパイウェア、マルウェア、ウィルス、ワーム、トロイの木馬またはその他の悪意あるもしくは有害なコード、または、ユーザの事前の明確かつ意図的な承諾なく、ユーザのコンピューターその他の電子機器にダウンロードもしくはインストールされるソフトウェアアプリケーションに関連して、商品関連コンテンツを乙のアプリケーションに含めたり、表示または使用しないものとします。

    (i) 乙は、甲の事前の書面による明示的な同意なしに、商品関連コンテンツを統合、分析、抽出もしくは再利用する目的で、または、アマゾン・サイト上で販売をしている個人もしくは事業体による利用を意図したソフトウェアもしくはその他のアプリケーションに関連して、Product Advertising APIまたはデータフィードにアクセスまたは使用してはいけません。

    (j) 乙は以下のことをしてはいけません。

    1. いかなる方法によっても、Product Advertising APIの機能または適切な作動の妨害または妨害を試みること。
    2. 商品関連コンテンツを、ダイレクトマーケティング、スパミング、販売者または顧客が希望しない連絡、またはその他の宣伝活動を行う目的で、コンパイルまたは利用すること。
    3. Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツまたは仕様書類に表示または含まれる、知的財産権または財産権の表示を含むいかなる表示を、除去、隠蔽、変更、または見えなくしたり、読めなくしたり、判読不可能にすること。

    (k) 乙は、本ライセンス契約または乙によるProduct Advertising API、データフィードもしくは商品関連コンテンツの使用に関して、いかなるプレスリリースを発行その他いかなる一般への公表も行ってはなりません。乙は、甲と乙の関係を誤って表示または誇張(甲がいかなる慈善事業またはその他の活動を後援、出資、指示または寄付をしていることを明示または暗示することを含みます。)してはならず、また、本ライセンス契約により明示的に許可された場合を除き、甲と乙またはその他の個人もしくは事業体との関係または提携について、明示または暗示してはならないものとします。

    (l) 乙は、以下のことをする、またはしようとしてはいけません。

    1. 仕様書類または商品関連コンテンツに含まれるソフトウェアの修正、変更、改ざん、修復またはその他の二次的成果物の作成。
    2. Product Advertising API、データフィード、または商品関連コンテンツに含まれるソフトウェアのまたはこれらに関連するソースコードを、リバースエンジニアリング、ディスアセンブル、ディコンパイルまたは派生させること。

    (m) 乙は、甲の事前の書面による明示的な同意なしに、(i) 商品関連コンテンツまたは(ii) Product Advertising APIもしくはデータフィードを使用している、または、商品関連コンテンツを組み込むもしくは表示するアプリケーションを、販売、再販売、再配布、サブライセンスまたは譲渡してはいけません。例えば、乙は、他の個人または事業体に商品関連コンテンツのサブライセンスまたはその他の商品関連コンテンツの権利を付与することをお客様に要求するいかなるアプリケーション、プラットフォーム、サイトまたはサービス(ソーシャル・ネットワーキング・サイトを含みます。)上あるいはその中で、商品関連コンテンツを使用してはいけません。乙が、クライアントアプリケーションを販売、再販売、再配布、サブライセンスまたは譲渡をするための甲の同意を得た場合、これらのクライアントアプリケーションは、下記(p)および(n)の最後の文言を含め、本ライセンス契約を遵守しなければなりません。

    (n) 乙は、画像で構成される商品関連コンテンツを保存またはキャッシュしてはいけませんが、画像で構成される商品関連コンテンツへのリンクを、最長24時間保存することができます。乙は、画像で構成されていない他の商品関連コンテンツを、データキャッシュの目的で、最長24時間保存することができますが、その場合、乙は、その後直ちにProduct Advertising APIにリクエスト送信を行うか、または新しいデータフィードを取り込み、乙のアプリケーション上の商品関連コンテンツを刷新することにより、商品関連コンテンツを直ちに刷新し、再表示しなければなりません。別途甲より通知されない限り、乙は、個別のAmazon Standard Identification Number(以下「ASIN」といいます。)を、本ライセンス契約の終了まで、期間の制限なく保存することができます。前述にかかわらず、乙のアプリケーションがクライアントアプリケーションを含む場合、これらのクライアントアプリケーションは、商品関連コンテンツを保存またはキャッシュしてはいけません。甲の要求があれば、乙は、甲の要求から3営業日以内に、乙が本ライセンス契約を遵守しているかを甲が確認するため、商品関連コンテンツを含むまたは使用するクライアントアプリケーションのコピーを甲に提供するものとします。

    (o) 乙が商品関連コンテンツをデータフィードから取得する場合、または、乙がProduct Advertising APIにリクエスト送信をするもしくは乙のアプリケーション上に表示される商品関連コンテンツを刷新する頻度が1時間に1回以下の場合、乙は、乙のアプリケーション上の価格情報または発送可能時期についての情報に隣接して時刻/日付の表示を含めるものとします。ただし、乙がアプリケーション上に表示された価格情報および発送可能時期についての情報をリクエストおよび刷新したのと同日中は、表示の日付部分を省略することができます。許容されるメッセージの例は以下のとおりです。

    • Amazon.co.jp 価格: ¥ 3,200 (2008年1月7日 14:11時点 −詳細はこちら−)
    • Amazon.co.jp 価格: ¥ 3,200 (14:11 時点 −詳しくはこちら−)

    また、乙は、下記の免責文言を、価格情報または発送可能時期についての情報のそばに記載するか、またはハイパーリンク、ポップアップ、スクリプト・ポップアップその他類似の方法で提供しなくてはなりません。

    • 「価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。」

    乙は、上記のメッセージ例において、エンドユーザが「詳細はこちら」および「詳しくはこちら」をクリックすることにより、免責文言を確認できるようにしなければなりません。

    (p) 乙、または、乙がProduct Advertising APIにリクエスト送信を行うアプリケーションを作成し公開した場合は、エンドユーザがインストールした当該アプリケーションの各コピーは、運営文書に定める(または甲が別途乙に対し通知する)1秒当たりのコール数の制限を超えてはならないものとし、また、甲の事前の書面による同意なしに、Product Advertising API宛にまたはProduct Advertising APIから、サイズが40Kバイトを超えるファイルを送信してはなりません。

    (q) 乙がテキストで構成される商品関連コンテンツをお客様のアプリケーション上で表示する場合、乙は、以下の免責文言を、アプリケーションのエンドユーザに見えるところに表示するものとします。

    • 「[「本アプリケーション内」/「本サイト上」]で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは、お客様に「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。」

    乙は、乙が本ライセンス契約を遵守していることを確認するために甲が要求するいかなる情報も甲に提供することに同意します。

    (既存のアカウントか、すでに解除されたアカウントに関する場合かを問わず)乙または甲が乙と関係があるもしくは乙と共同で行為していると判断する第三者が、以下のいずれかに該当すると甲が判断した場合は、甲が行使することのできるその他の権利および救済に加えて、甲は、本ライセンス契約を解除することができます。

    • 本ライセンス契約もしくはいずれの運営文書に定める要件もしくは制限を遵守していない、またはその他本ライセンス契約に違反している。
    • 乙による甲の関連会社が提供するProduct Advertising APIへのアクセスおよび利用に適用されるライセンス契約(例えば、Amazon.com Product Advertising API License Agreement、Amazon.cn Product Advertising API License Agreement、Amazon.ca Product Advertising API License Agreement、またはAmazon EU Product Advertising API License Agreement等)の要件もしくは制限を遵守していない、またはこれらに違反している。
    • Amazon Web Servicesカスタマーアグリーメントの要件もしくは制限を遵守していない、またはこれらに違反している。
    • 甲または甲の関連会社が提供するアソシエイト・プログラムへの参加に適用される契約(例えば、Amazon Services LLC Associates Program、Amazon EU Associates Programme、Amazon.ca Associates ProgramおよびAmazon.cn Associates Program等)の要件もしくは制限を遵守していない、またはこれらに違反している。

    さらに、乙は、甲が以下を行うことを承諾します。

    • 乙に随時、本ライセンス契約に関係する電子メールを送信すること。
    • Amazon.co.jpプライバシー規約に従い、乙による商品関連コンテンツの使用に関連して甲が取得する乙のアプリケーションおよび乙のアプリケーションのユーザに関する情報(例えば、特定のアマゾンの顧客が、アマゾン・サイトでの商品購入の前に乙のアプリケーションからのリンクをクリックスルーしたこと等)をモニターし、記録し、使用し、開示すること。
    • 本ライセンス契約の遵守を確認するため、乙のアプリケーションをモニター、クロールまたはその他の調査を行うこと。

  9. 乙のアプリケーションに対する責任
  10. 乙は、アプリケーションの開発、運営、メンテナンス、およびお客様のアプリケーションに表示される全ての内容を含め、乙のアプリケーションについて、単独で責任を負うものとします。例えば、乙は、以下について単独で責任を負います。

    • 乙のアプリケーションおよび全ての関連設備の技術的運営。
    • 乙のアプリケーション上での商品関連コンテンツの表示が、本ライセンス契約もしくは運営文書または乙と他の個人もしくは事業体との契約(乙のアプリケーションをホストする個人または事業体による乙への制限または要件を含みます。)に違反しないことを保証すること。
    • 乙のアプリケーションに含まれる、またはそれを経由して配信される内容の作成および配信、ならびにその正確性、完全性および適切性を確認すること。
    • 乙が、Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツ、または乙のアプリケーションを、甲またはその他の個人もしくは事業体の権利(著作権、商標、プライバシー権、パブリシティー権、またはその他の知的財産権もしくは所有権を含みます。)を侵害、違反、または不正利用する方法で使用しないことを保証すること。
    • お客様のアプリケーションにおいて、プライバシー規約その他の方法により、乙のアプリケーションに関連して、第三者(甲およびその他の宣伝広告者を含みます。)によるコンテンツおよび宣伝の提供、ユーザからの直接的な情報の収集ならびにクッキーの設定または認識等を含め(該当する場合)、乙がユーザから収集するデータをどのように収集、使用、保存および開示するかを、正確かつ適切に開示すること。
    • 本ライセンス契約に基づき許可されているか否かを問わず、Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツ、およびアマゾン商標の乙による使用。

    甲は、上記事項または上記事項に関連する乙のエンドユーザのクレームへの責任を負いません。乙は、甲、甲の関連会社およびライセンサーならびにこれらのそれぞれの各従業員、役員、取締役および代表者を、以下の事項に関連するあらゆる請求、損失、損害、責任、判決、違約金、罰金、コストおよび費用(弁護士報酬を含みます。)から防御し、補償し、不利益を与えないことに同意します。(a) 乙のアプリケーションまたは乙のアプリケーション上にもしくはこれとともに掲載される内容(乙のアプリケーションまたはこれらの内容と他のアプリケーション、コンテンツまたはプロセスとの組合せを含みます。)。 (b) 乙のアプリケーションまたは乙のアプリケーション上もしくはこれとともに掲載される内容の使用、開発、設計、作成、加工、宣伝、販売促進もしくはマーケティング、および、第5条に記載されたその他全ての事項。 (c) 乙によるProduct Advertising API、データフィードまたは商品関連コンテンツの使用(本ライセンス契約、運営文書または適用ある法令に基づき許可されたものであるかそれらに違反するものであるかを問いません。)。(d) 乙による本ライセンス契約または運営文書の条件の違反。(e) 乙または乙の従業員の過失または故意の違法行為。

  11. 制限付ライセンス
  12. 本ライセンス契約の条項に従い、また、アマゾン・サイト上の商品を宣伝し、エンドユーザをアマゾン・サイトへ誘導するという限定的な目的に限り、甲は乙に対して、(a) 商品関連コンテンツを、乙のアプリケーション上でのみコピーおよび表示し、(b) 乙のアプリケーション上でのみ、商標ガイドラインに従い、商品関連コンテンツの一部として甲が乙に対して提供する、甲の商標およびロゴ(これらの商標およびロゴを以下「アマゾン商標」と総称します。)に限り使用し、(c) 運営文書および本ライセンス契約に従い、Product Advertising API、データフィード(第3条の要件に従うものとします。)および商品関連コンテンツにアクセスおよび使用し、また、(d) 乙によるProduct Advertising APIへのアクセスおよび使用に関連する場合に限定して仕様書類にアクセスおよび使用する、限定的、取消可能、譲渡不能、サブライセンス不可、非独占的、無償のライセンスを付与します。第6条に定めるライセンスは、乙が本ライセンス契約または運営文書の義務を適時に遵守しなかった場合、または、本ライセンス契約の終了時に、直ちに自動的に終了します。第6条に定めるライセンスが終了したか否かにかかわらず、甲から要求があれば、乙は直ちにProduct Advertising APIおよびデータフィードの使用を中止し、一部または全ての商品関連コンテンツを乙のアプリケーションから直ちに削除し、それらを消去または破棄するものとします。

    Product Advertising APIまたはデータフィードにより、乙は、1つまたは複数のアマゾン関連サイト上で提供されている商品に関連するデータ、画像、テキストその他の情報およびコンテンツにアクセスすることができます。乙がこれらのデータ、画像、テキストその他の情報またはコンテンツにアクセスまたは使用するためにProduct Advertising APIまたはデータフィードを使用した場合、乙は、適用あるAmazon.com Product Advertising API License AgreementAmazon.ca Product Advertising API License AgreementまたはAmazon EU Product Advertising API License Agreementの条項を遵守し、これに拘束されることに同意します。

  13. 権利留保;フィードバック
  14. 第6条において明示的に定める制限付きライセンスを除き、甲は、Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツ、甲または甲の関連会社が所有または運営するドメイン名、運営文書、甲および甲の関連会社の商標およびロゴ(アマゾン商標を含みます。)ならびにProduct Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツに関連して甲が提供または使用するその他の知的財産およびテクノロジーに関連するすべての権利、権原および利益(全ての知的財産権および財産権を含みます。)を留保するものとし、乙は、本ライセンス契約に基づきこれら利益または権利を取得するものではありません。乙が甲に提案を行った場合(以下「フィードバック」といいます。)、甲は、乙がフィードバックを秘密と指定した場合でも、これらのフィードバックに関するすべての権利、権原および利益を取得するものとし、甲はこれらのフィードバックを制限なく使用する権利を取得します。乙は、すべてのフィードバックおよび乙が何らかの修正または編集を行った商品関連コンテンツに関して、取消不能な権利、権原および利益を当方に譲渡し、甲がフィードバックおよび修正または編集した商品関連コンテンツに関連する甲の権利を記録、対抗要件を具備または維持するために甲が必要とする支援を提供することに同意します。

    乙が本ライセンス契約またはProduct Advertising APIもしくはデータフィードの使用に関連して商品その他に関するレビュー、データ、画像、テキストその他の情報およびコンテンツ(以下「乙の提案」といいます。)を甲または甲の関連会社に提供する場合、乙は甲に対して、(a) 方法を問わず乙の提案を使用、複製、実行、表示および頒布し、(b) 目的を問わず乙の提案を翻案、修正、再フォーマットし、二次的成果物を製作し、(c) 乙の提案と併せて乙の名前をクレジットの形式で使用および公表し(ただし、甲がこれらの行為を行う義務を負うものではありません。)、(d) 他の個人または団体に上記権利をサブライセンスする、永久的、無償、非排他的、全世界的、取消不能、譲渡可能な権利およびライセンスを付与します。さらに、乙は、(y) 乙の提案が乙独自の作品であることまたは乙が乙の提案を合法的な手段により取得したこと、および (z) 甲または甲のサブライセンシーによる上記ライセンスに基づく権利の行使が、著作権を含む第三者の権利を侵害しないことを保証します。

  15. 法令遵守
  16. 乙のProduct Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツの使用に関連して、乙は、商業的な電子メール規制に関する法令(例:特定電子メールの送信の適正化等に関する法律。)を含め、適用あるすべての法律、条例、規則、政省令、命令、ライセンス、許可、判決、決定その他公的機関による要求事項を厳守することに同意します。

  17. 契約期間、終了または一時停止
  18. 本ライセンス契約の期間は、甲が乙の加入申込を承認した時点で開始し、甲または乙のいずれかにより終了されるまで継続します。甲は書面(電子メールを含みます。)にて、乙は本プログラムのカスタマーサービス経由で、相手方当事者に対して通知をすることにより、理由を問わずいつでも、本ライセンス契約を終了させることができます。本ライセンス契約が終了した時点で、乙が有するProduct Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツ(いかなるアマゾン商標も含みます。)または仕様書類に関連するすべてのライセンスは自動的に終了し、乙はProduct Advertising APIおよびデータフィードの使用を直ちに停止し、本ライセンス契約に基づいてその他Product Advertising APIもしくはデータフィードに関連して甲または甲の名において提供または作成された商品関連コンテンツ(アマゾン商標を含みます。)および素材の全てを、乙のアプリケーションから速やかに削除し、それらを消去または破棄しなければなりません。さらに、甲は、乙に書面にて通知することにより、本ライセンス契約を終了することなく、Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツの全部または一部にアクセスまたは使用する乙のライセンスを、いつでも終了または停止することができます。乙は、これらの通知を受領した場合、直ちにProduct Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツの使用を停止し、乙のアプリケーションから商品関連コンテンツを速やかに削除しなければなりません。ただし、(a) 利用停止の場合には、甲の通知により、Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツのアクセスおよび使用を再開することができ、(b) 利用終了の場合には、すべての商品関連コンテンツを速やかに消去または破棄しなければなりません。本ラインセス契約の終了により、両当事者のすべての権利および義務は消滅します。ただし、第5条第7条第9条第11条第12条第13条第14条および第15条に基づく両当事者の権利および義務は、本ライセンス契約の終了後も有効に存続するものとします。本ライセンス契約の終了は、本ライセンス契約終了前に生じた本ライセンス契約の違反または本ライセンス契約に起因するいかなる責任も免責するものではありません。

  19. 改定
  20. 甲は、本ライセンス契約もしくは運営文書に定める条件を、amazon.co.jpのサイト(affiliate.amazon.co.jpを含みます。)上に改定の通知、改定後の本ライセンス契約または改定後の運営文書を掲載することにより、いつでも改定することができます。改定は、例えば、利用要件に関する改定等を含みます。乙が改定に同意できない場合、乙の唯一の対応は、本ライセンス契約を終了させることです。甲がAmazon.co.jp上に改定の通知、改定後の本ライセンス契約または改定後の運営文書を掲載した後も、乙がProduct Advertising API、データフィードまたは商品関連コンテンツの使用を継続した場合、乙による当該改定の拘束力のある承諾とみなされます。

  21. 両当事者の関係
  22. 乙と甲は独立した契約者であり、本ライセンス契約または運営文書は、乙と甲または甲の関連会社との間にいかなるパートナーシップ、ジョイントベンチャー、代理、フランチャイズ、販売店または雇用関係も形成するものではありません。乙は、甲または甲の関連会社を代理していかなる申込みや表明も行うまたは承諾する権限もありません。乙は、乙のアプリケーション上その他において、本条に矛盾するまたは矛盾する可能性のある表示や表現をしてはなりません。本ライセンス契約に定める事項に関連する行為を他の個人または事業体が行うことを乙が承認、支援、奨励または促進した場合には、乙がその行為を自ら行ったとみなされます。

  23. 責任限定
  24. 甲は、本ライセンス契約、Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツ、仕様書類、運営文書、アマゾン・サイトまたはサービス提供(以下で定義されます。)に関連して発生した間接損害、偶発的損害、特別損害、結果的損害または懲罰的損害(いかなる収益、利益、業務上の信用、データの逸失も含みます。)について、たとえ甲がこれらの損害の可能性につき知らされていたとしても、何ら責任を負いません。また、本ライセンス契約および提供サービスに関連して生じる甲の責任の総額は、2,500,000円を超えないものとします。

  25. 免責事項
  26. Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツ、アマゾン・サイトならびにアマゾン・サイト上で提供される商品およびサービス、運営文書、(amazon.co.jpドメイン名を含みます。)甲または甲の関連会社のドメイン名、甲および甲の関連会社の商標およびロゴ(アマゾンマークを含みます。)ならびにすべてのテクノロジー、ソフトウェア、機能、資料、データ、画像、テキストならびに本ライセンス契約に関連して甲または甲の関連会社もしくはライセンサーによりまたはこれらに代わって提供または利用される情報(以下「サービス提供」と総称します。)は、「現状有姿」で提供されます。甲または甲の関連会社もしくはライセンサーは、サービス提供に関して、明示、黙示、法定その他を問わず、いかなる種類の表明または保証も行いません。適用ある法律により制限される場合を除いて、甲または甲の関連会社もしくはライセンサーは、商品性、満足な品質、特定目的への適合性、非侵害および平穏享有に関する黙示の保証ならびに取引の過程、履行または取引慣行から生じるいかなる保証を含め、サービス提供に関する一切の保証を否認します。

    甲は、いつでも、サービス提供を中断し、サービス提供の種類、属性、機能、範囲または運営を変更することができます。甲または甲の関連会社もしくはライセンサーは、サービス提供が継続されること、説明のとおりに、一貫してもしくは特定の方法で機能することまたは中断されないこと、正確であること、エラーのないこともしくは有害な要素を含まないことを保証しません。甲または甲の関連会社もしくはライセンサーは、(A) 停電またはシステム障害を含む、いかなるエラー、不正確性、サービスの中断、(B) 乙のアプリケーションまたはデータ、画像、テキストその他の情報もしくはコンテンツへの不正アクセス、または改変、削除、破棄、損傷もしくは損失について、いかなる責任も負いません。乙が、甲または他の個人もしくは団体またはProduct Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツ、運営文書、アマゾン・サイトもしくはAWS.AMAZON.COMサイトから取得したいかなる助言または情報も、本ライセンス契約に明示的に定められていない保証を与えるものではありません。さらに、甲または甲の関連会社もしくはライセンサーは、(X) 将来の利益または収入、期待された売上、業務上の信用その他の便益の損失、(Y) 本ライセンス契約または乙のProduct Advertising API、データフィードまたは商品関連コンテンツの使用またはアクセスに関連して乙が行う投資、支出もしくはコミットメントまたは(Z) 本ライセンス契約の終了もしくは停止または乙のProduct Advertising API、データフィードもしくは商品関連コンテンツの使用もしくはアクセスに関連して生じる補償、弁済または損害賠償について、何ら責任を負いません。

  27. 紛争
  28. Product Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツまたは本ライセンス契約に関連する一切の紛争は、訴額に応じて、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とし、乙は、これらの裁判所の専属的管轄権および裁判籍に同意するものとします。本ライセンス契約および甲と乙の間で発生するいかなる種類の紛争も、法の抵触に関する原則にかかわらず、日本法を準拠法とします。本ライセンス契約の別段の規定にかかわらず、甲は、甲または他の個人もしくは団体の知的財産権または所有権の侵害または侵害の申立てに関して、管轄権のある裁判所に差止その他の救済を求めることができます。乙は、甲のProduct Advertising API、データフィードまたは商品関連コンテンツに関する権利が、特別、独特、非凡な性質を有し、特有の価値を有するものであり、その損失は容易に算定することができず、金銭による賠償では適正に補償されないものであることを確認し、これに同意します。

  29. 雑則
  30. 乙は、甲と甲の関連会社が、随時(直接的または間接的に)乙のアプリケーションと同様または競合するサイトまたはアプリケーションを運用する場合があることを確認し、同意します。乙は、法の適用その他を問わず、甲の明示的な書面による事前の同意なく、本ライセンス契約を譲渡してはなりません。上記の制約を前提として、本ライセンス契約は、両当事者およびその承継人または譲受人を拘束し、それらの利益のために効力を生じ、それらより行使することが可能となります。甲が乙に対して本ライセンス契約のいずれかの規定の厳密な履行を強制しなかったとしても、甲が当該規定または本ライセンス契約のその他の規定をその後に強制する権利を放棄したことにはなりません。本ライセンス契約と運営文書の間に齟齬がある場合、本ライセンス契約が優先するものとします。乙がAmazonアソシエイト・プログラムに参加しており、本ライセンス契約とAmazonアソシエイト・プログラム運営規約(以下「運営規約」といいます。)との間に齟齬がある場合、乙によるProduct Advertising API、データフィード、商品関連コンテンツの使用については本ライセンス契約が優先し、その他の事項については運営規約が優先するものとします。本ライセンス契約において、「含む」、「含んでいる」、「例」、「例えば」という用語は、それぞれ「含むが、これに限定されない」、「含んでいるが、これに限定されない」、「例、但しこれに限定されない」、「例えば、但しこれに限定されない」を意味します。本ライセンス契約に基づく甲による決定、更新、措置または承認は、甲の独自の裁量により行われるものとします。